FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

OAS金融(オプション・アジャステッド・スプレッド)とは?米国株式の動向との関係は?

OASという金融用語を聞いたことがあるでしょうか?

OASとはハイイールド債、すなわち投資適格債以下(ジャンクボンド)に

関わる用語の用語のひとつです。

コロナ以降、債券市場の混乱は、FRBの債券買取政策によって、ひとまずは

小休止しているようにも見えますが、実をいえば、3月以降

ハイイールド債市場は、壊れたままとなったいます。

その状況を示す一つの指標がOASですが、今回はOASと

米国株式市場の動向について調べてみました。

OASとはなに?

OASとはオプション・アジャステッド・スプレッドの略ですが

要は、ハイイールド債券の利回りと、基本的な金利の指標となり

米国債券の利回りの差を言います。

米国債券は信用のベースとなるものであると前提として、

ハイイールド債の利回りはこれにどれだけスプレッドが

加わっているのか。すなわち、信用市場の状況を示す指標

とも言えます。

ポストコロナ現状の米国株式市場の動向は

ハイイールド社債の動向が、コロナ・ウィルス拡散による

弱気相場の終焉を的確に示唆するとするならば、現時点では、

3月末までに下げた弱気相場が、完全に底打ちしたとは言い難い

とみている、アナリストが多いようです。

株式市場が弱気相場入りしたとの判断するのは、高値から20%下げた

段階で、米株はこのたびのコロナパンデミックによって、ベア相場

に転換しました。そして3月安値からは、ザラ場ベースでは30%強も

反転しています。この株式相場の動きによって、少なくとも株価は

底入れしたのではないか?また景気のV字型回復期待まで出ているのが現状

です。

OASの動向と米株式市場の関連性は

1997年以降の相場では、ハイイールド債の動向こそが、株式の底値を

示す最良の指標となっていました。

特に、ハイイールド債と米国債券とのスプレッド(OAS)に注目されて

きました。

今回のコロナ以降の相場では、クレジット・スプレッドは、弱気相場の

底打ちを示していません。過去6〜7週間、S&P500指数は、安値から

34%上昇していますが、クレジット・スプレッドは19.4ppから17.6ppに

縮小したに過ぎません。しかもFRBがIG以下のジャンク債への介入を

打ち出していこうから、あまりこのOASの動きは改善されていないのです。

弱気相場が終盤に近づけば、スプレッドも極端に縮小に向かうというのが

過去の関連性でした。2008年の世界金融危機の終盤では、スプレッドは

10PPを超えて縮小する動きがみられています。

このスプレッド縮小は、2002年と2016年にもありましたが、現在の格付けトリプルC、

あるいはそれ以下の格付け社債、いわゆるジャンク債動向には、強気相場に

転換したとの兆候が見られていないのです。

まとめ

いわば歴史的な実験をしていると言ってもいいほどの

FRBによる未曾有の資金供給と緩和政策は、信用市場にも

テコ入れをして、クレジットのマネタイズ化がすすんでいる

ようです。これは、最終的には債券と通貨安圧力にかかわる

もので、今後株式市場がどのような状況になるのかは、いわば

過去の恐慌時の時以来の実験となるような気がします。

プロフィール


Yoshi

こんにちは、Yoshiと申します。
約20年に及ぶ外資系銀行でのトレード経験を活かして金融情報を独自の視点で発信しています。

FX口座・ツールランキング
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
GMOコイン
LIGHTFX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
マーケット最新情報