FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

NFIB中小企業楽観指数の上昇でユーロドル相場への影響と見通しは?

全米独立企業連盟(NFIB)の調査による中小企業楽観指数は、

小規模事業主に報酬の変更計画についてアンケートも

含まれています。今回発表された、NFIBの中小企業楽観

指数では、事業者が、賃金や給与を上昇させる計画を

しめしています。

point

NFIBは雇用コスト指数と連動する

雇用コスト指数(ECI)は、給与をはかるうえで重要な

先行指標となります。

雇用コスト

NFIBをみれば、今後数カ月で

賃金、給与が加速していくことが読み取れます。、この指数は、

単に傾向を示すもので、必ずしも実際の行動をしめすもので

はありません。雇用コスト指数は、労働コストをはかる

うえで、最も安定かつ正確に労働市場の需給の緩みを

反映する指標として見られています。明らかに四半期生産性データ

や雇用統計での平均時給賃金データよりもより正確に

反映しているとされています。

FRBに与える影響は

雇用コスト指数は、政策決定者も注目している数字です。

堅調な経済成長とコアインフレは、現在FOMCの前年比2%上昇の

ターゲットに沿っています。これらの指標の上に、今回雇用コスト指数

とNFIBの調査で賃金の上昇を示していることは、今後の四半期で

FRBが目標金利を徐々に上げていくことへの後押しとなる

と思われます。

米国の賃金上昇によるユーロドルの見通しは

ユーロドルは、現在1.13台と、今年の安値を試しています。

ここからユーロが反発できるかどうかは、テクニカル的にも

二番底を形成できるかどうか瀬戸際に立っています。

今回NFIB調査で、非常にポジティブな答えが返ってきた

ことで、米国の今後の利上げ路線は、根底に流れると

思います。今年ユーロドルが売られてきた背景として

色々あげられますが、やはり、米国とユーロの間の

金利差は大きな要因になっていると思います。

ここにきて、アメリカの賃金上昇が、本格的になっている

ことがわかると、再び金利差に着目したドル高ユーロ安

が訪れる可能性があります。

テクニカル的にも、週の終値ベースで、1.13台を維持

できるかどうかポイントになる可能性が高いと思って

います。

テクニカル的にはダブルボトムを形成できるかどうか

正念場になっているのです。

イタリアの問題、そしてドイツのメルケル首相が国内の

党首を退いたことによって、よりユーロに対する

不明感の強くなり、ここ最近のユーロ安ドル買いの流れ

続く可能性が高いと思っています。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報