FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

グッゲンハイムパートナーズがヌリエル・ルービニ教授の懸念に反してビットコインに投資した理由は!?

ビットコイン相場は、3月に4,900ドルの安値を付け後に、執拗に上昇しましたが、

この9ヶ月間で285%、年初から160%上昇しました。そして先週は小幅な下落調整を

しています。

ちなみに、ビットコインが「ゼロにクラッシュする」と警告されていた2018年2月に

ビットコインを買った人は誰でも150%の益を得、S&Pを4倍もアウトパフォーム

しています。そして、ビットコインに対して否定的なのが、ヌリエル・ルービニ教授ですが

彼の主張は以下のとおりです。

ルービニ教授のビットコインの見通しは

このように、ルービニ教授は、ビットコインに対して、かなり否定的です。

また金に対しても否定的な見方をしている人たちは、「金は、1,000ドルを

超えることはできますが、インフレか恐慌の世界にならない限り、20~30%も

上昇することはありません」と言っています。

グッゲンハイムのビットコイン戦略は

世界最大の債券資産運用会社の一つであるグッゲンハイム・パートナーズが、

上記のルービニ氏のビットコインがメルトダウンするとの見通しを発表した

翌日のタイミングで、債券やその他の債券・株式証券を通じたトータルリターンを

目指す53億ドルのデジタル資産への投資を発表しました。

グッゲンハイム・マクロ・オポチュニティ・ファンドは、グレイスケール・ビットコイン・トラスト

に純資産価値の最大10%を投資することで、間接的にビットコインへの投資をおこなっています。

グッゲンハイムがビットコイン投資を発表したことの意味は、そのCIOである

スコット・ミナードは、ポール・チューダー・ジョーンズやスタン・ドラッケンミラーの

ような伝説的なトレーダーのひとりですが、その投資家がビットコイン投資に仲間入り

したことを意味します。

上記のグラフが示すように、ポストコロナでは、株式市場が活況を呈した

印象が強いですが、それにもまして、ビットコインの相場が突出していた

ことがわかります。

ビットコイン投資に対する懸念材料

グッゲンハイムのファイリングでは、クリプトカレンシーを

「交換媒体として機能するように設計されたデジタル資産」と説明していますが、

一方で様々なリスクも挙げられています。その中には、

・非常に不安定な価格の動き

・ビットコインネットワークへの信頼の危機

・競合するクリプトカレンシーへのユーザーの嗜好の変化、

・他の資産クラスのための規制された確立された取引所よりも詐欺や失敗にさらされる可能性

・大部分が規制されていない」取引所での取引などが含まれます。

そのような懸念材料が暗号通貨取引にあるなかで、グッゲンハイムが

投資している方法は、今のところ – グレイスケールETFだけです。

GBTCへの投資を除き、当ファンドは、直接または間接的に、暗号通貨に

投資していないことです。

ビットコインの見通しは

ビットコインについては、上記のリスクを懸念する声が

あるなかで、上昇を続けているもの事実です。

特に、コロナ以降、各国が発行する通貨に対する信頼感

が薄れている背景に、中央銀行が、無尽蔵に流動性を

供給していることがあげられます。インフレリスクの

時間的なタイミングはわかりませんが、各国が発行している

通貨にたいする信頼が薄れているのも、金やビットコインが

急騰している背景にあげられます。

上記のグラフのように、ポストコロナで金価格が上昇に転じている

理由はある程度わかりますが、それよりもビットコインの価格が

急上昇しています。とくに秋以降の上昇率は、金価格を上回って

います。中央銀行による、とくFEDによる資産購入は、とくに株式市場

と商品市場に資金が流れていますが、同時に政府が発行する通貨、債券

に対する警戒が強まっていることも事実です。それが、金と暗号通貨上昇

につながっている大きな要因だと思われますが、ビットコインは

大手ヘッジファンドの投資対象になりつつあることも見逃しては

ならない事実だと思われます。

まとめ

今回は、グッゲンハイムのビットコイン投資戦略について

調べましたが、やはり、金と同様に仮想通貨が上昇している

ポストコロナの状況を素直に理解することも必要な気がします。

とくにビットコインについては、ルービニ教授のような否定的

な見方をする分析もありますが、トレンドに乗ることも必要な

ような気がします。

 

プロフィール


Yoshi

こんにちは、Yoshiと申します。
約20年に及ぶ外資系銀行でのトレード経験を活かして金融情報を独自の視点で発信しています。FX市場に携わって約20年経ちますが、現在は他の金融市場(株式、コモディティ、暗号通貨)の関連性を含めて独自目線で情報提供しています。
主な資格:
米国公認会計士合格(ワシントン州)
お仕事依頼などの連絡先:
問い合わせフォームをご利用ください。

FX口座・ツールランキング
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
GMOコイン
LIGHTFX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
FXレート

マーケット最新情報
FX NEWS
チャート