FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

FX業者選定に重要な必要証拠金とレバレッジとはなに?

FX取引とは正式には、外国為替証拠金取引といいます。

そこでFX取引を始める前にこの証拠金とレバレッジに

ついて整理したいと思います。

必要証拠金とはなにか

point

分かりやすく説明するため、例をあげてみたいと思います。

ここに10万円があるとします。その10万円を外国為替証拠金取引を

取り扱う業者の口座に入れます。まだ、この状態では日本円のまま

ですね。例えばここで米ドル(1ドル=100円)に全額交換してみます。

そうすると本来は、1,000ドル(10万円÷100円)になるわけですが、

なんと10,000ドルも取引ができるようになっています。

これがレバレッジ取引です。

本当に10,000ドルになったわけではありません。そうではなくて、

「1,000ドル(10万円)を証拠金を担保にして10,000ドル分

100万円分の取引ができる」ということなのです。

ここが外貨預金と大きく違うところです。

今回の例では元金の10倍の取引をしていますから、レバレッジ※10倍と

いいます。このレバレッジの倍率は、取り扱い会社に

よって大きく異なります(3倍、5倍、10倍…)。レバレッジが大きいほど、

取り扱い金額が上がりますからハイリスク・ハイリターンになります。

ですから、レバレッジが効きすぎている業者がいいかといえば

そうとも限りません。

大事なことは、自分の余裕資金に見合った額を少額から始める

ことも大事なことです。

 

証拠金が増えたり減ったりするしくみは

「必要証拠金 レ...」の画像検索結果

FX口座に当初担保金として差し入れた資金は「取引証拠金」

として扱われますが、実際の取引に必要な証拠金の金額は、

1万通貨当たり○○万円というように、取引する業者によって

異なり、それぞれの業者が自由に決めています。

これが「必要証拠金」です。

トレードを開始して為替レートの変動により為替差益が出ると、

その利益分が取引証拠金に加えられ、その逆に、為替差損が

出ると、その損失分が取引証拠金から差し引かれていきます。

このときに保有している証拠金が「有効証拠金」となります。

有効証拠金 = 取引証拠金 ± 為替差損益

証拠金は、新規の口座開設と同時に必要な会社もあれば、実際に取引を

開始するときに必要となる会社もあります。口座開設時に必要となるケースでは、

「最低証拠金」と呼んでおり、無料の会社もあります。

実際に取引する場合には、まずは自己資金で余裕を持って出せる金額で

あるかどうかを十分検討したうえで、FX業者を選ぶことも

大事なことです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報