FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

fx業者の手数料とは今何なか?

FXの手数料とは今何なのか?

実は現在ほとんどのFX会社でいわゆる手数料と

いわれるものはとっていません。

FX取引の手数料にあたるものは何?

今は手数料無料のFX会社が多いので、ほとんどの場合、

売買コスト=投資家がFX業者に支払う料金=スプレッドと

なります。

FX取引をするときの買いレートと売りレートの差の

ことをスプレッドといいます。ほとんどのFX業者のスプレッド

は1銭以下のスプレッドとなっています。

FX会社のスプレッドを比較してみると

FXspread

見てのとおり例えばドル/円のスプレッド0.3銭おところが多いです。

ユーロ/円のスプレッドで1銭強、豪ドル/円のスプレッドも1.2銭

ほどです。つまり、米ドル/円の買いをおこなう場合、

買ったときの為替レートから0.3銭以上円安になればそこから

更に円安になった際の為替レートの差が利益になります。

投資家にとって取引の回数次第でコストパフォーマンス

が変わってきますので、FX会社を選ぶ際にはスプレッドが

重要な要素となります。

しかしながら

スプレッドは各社それほど差がない

FX会社各社のスプレッドを把握し、取引コストを考えた上で

FXをはじめ複数のFX会社で口座開設をして実際に比べてみるの

もひとつの方法です。

実際には、↑の表をみてもわかるとおり、スプレッドは各社

それほど差はありません。

スワップも手数料の中に含まれる

スワップポイント(金利差益)によるものがあります。

中身を知れば為替差益による利益に比べると微々たるもの

ですが、これも累積すればばかにできません。

FXの取引コストには「売買手数料」と「スプレッド」があるりますが、

現在は売買手数料無料のFX会社が多数派で、注目はスプレッドの狭さ

となります。

そして、スワップポイントも、各社の間で差があるので、よい

スプレッドを提示している会社が実質手数料がかからないことに

なります。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、FXで得られる利益のひとつで、

2つの通貨の金利差のことをいいます。

通貨にはそれぞれの国の金利があります。たとえば日本なら、

金利はほとんどゼロ%です。1年間保有しても

現在ほとんど利子はつきません。

日本の金利は世界的に見ると、超低金利です。他の国

通過の金利はユーロやスイスを除いて、日本円よりも

高いです。

その場合、外貨を買い持ちにしておくと、外貨の金利が

日本よりも高いため、そのポジションを保有しておくことで

その金利差分がスワップポイントとして、もらえることに

なります。ただ、このスワップポイントも競争力のある

ポイントとそうでないポイントで差があります。

スワップポイントがあまりよくない場合は、その業者は

ある意味手数料をとっていることになります。

 

fxswap

これが各社のスワップポイントの例ですが、みてのとおり

円を取引する場合、買いと売りサイドでプラスとマイナス

に変わります。

外貨を買い持ちにすればプラスのスワップポイントがとれる

し、逆に外貨を売り持ちにすれば、マイナスのスワップポイント

になります。

このスワップポイントは市場によって変わってきますので

大手のFX業者を選べば各社それほど大差がないようです。

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報