FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

FX会社を比較するとき重要視するべきポイントは!

FX口座を開設する必要性というのは、今後円という通貨が

不安定になることが予想されていくなかで、自分を守る

意味でも必要かと思います。 そこで、FX会社はどこがいいのか?

どこのFX会社の口座を 開けばいいのか悩んでしまいますが、

ここではFX会社を選ぶ際 のポイントについて解説したいと思います。  

1.安定した会社(資本金の多さ)を選ぶ

全体的に言えることなのですが、資本金が多く、自己資本比率の

高い業者は低スプレッド・高スワップでサーバーや取引システム

にもお金をかけてる傾向があります。 業者選びで迷ったら資本金が多い、

もしくは有名な業者を使えば安心です。  

2.システムがしっかりしているFX会社を選ぶ

取引システムの使いやすさも重要ですので、色んな業者に口座を

開いて自分が使いやすいFX会社を選ぶことも重要です。 最低でも

2~3社は口座を開設して、取引のしやすさやツール の充実ぶりを

体験することをお勧めします。

3.取引コストが安いFX会社を選ぶ

FX取引にかかるコストは次のものがあります。 ビッドとオファーの

スプレッドで比較 スプレッドが狭い(安い)→取引手数料が安いということに

なります。 約定力が高いと表示されたレートで確実に約定されます。

サーバーが安定して約定拒否が起きないことによって 取引をし損なう

ことによるロスを避けることも重要です。  

4.スワップ金利も重視する

長期売買の場合はスワップ金利を比較することが重要です。

スワップ金利が高いということは、貰える利息が多いことに

なります。 少額からでも取引ができることも重要です。  

5.自動売買システムの充実度を見る

「FX業者 どこが...」の画像検索結果

最近脚光を浴びているのが、FXの自動売買システムです。

MT4を代表とする、データを駆使したテクニカルな トレード

システムもあります。 ただこれを利用する場合はいつも儲かるとも

限らない のでホームページ上でプログラムごとに損益を発表している ので、

どのシステムが自分に合うのか研究することも 必要です。

  以上の5つのポイントを注視してFX業者を選ぶと後悔する

ことがなくなると思います。 大事なことは、複数の口座を

開設してどこが使い勝手いいのか 試してみることも重要だと思います。  

法的に信憑性のあるFX会社を選ぶ

FX業者を選ぶ際に幾つかのポイントが

ありますが、まず第一に重要視すべき

法的遵守しているかについて、ポイントを

紹介したいと思います。

1.金融庁登録

まず最重要のポイントとしては、

金融庁の免許・登録を受けている業者かどうかと言う点です。

FX業者は必ず金融庁に登録しなければならなくなっています。

つまり、金融庁に登録されていない業者がFX業者をやっている、

ということ自体が違法になります。

ですので、金融庁にFX業者として登録されている、

というのは絶対条件となります。

これは、金融庁のサイトで確認できます。

2.信託保全をしているかどうか

簡単に言うと、我々投資家のお金を信託銀行などに預け、

FX業者の資産と投資家の資産を別々に管理している会社

かどうかという点です。

もし、お客から預かったお金と、

会社のお金や資産を一緒にしてしまうと、

その業者が倒産や廃業に追い込まれたときに、

債権者からお客のお金まで差し押さえされ、

最悪の場合返ってこなくなる可能性があります。

これは、全てのFX業者が行っているわけではありませんが、

極力信託保全をしている業者を選んだ方が無難です。

特に、スワップ狙いで長期保有を考えている場合は、

長期間預けることもあると思いますので、

信託保全を実施している業者を選ぶことを強くおすすめします。

3.自己資本が上回っているかどうか

これは、自己資本規制比率が120%を大きく上回っているか

どうかです。

すでにFX業者がサイトに掲載していますので、

その数字を確認しておくべきです、

120%は上回るように義務付けられていますから、

このラインを確認することが重要です。

120%を大きく上回っていれば、問題ありません。

4.ネット取引が許可されているか?

インターネットで取引する許可を得ている業者か

どうか重要です。

ただ大手の業者にっいては、ネット取引が前提と

なっているので、ネット取引のツールの充実性を

みることが大事なような気がします。

スプレッドを理解すること

「FX 手数料」の画像検索結果

スプレッドとは為替レートに存在する「買値と売値の差」

のことです。例えば、ニュース番組などで為替レートを

報道する際に、米ドル/円が「1ドル=113.20~113.25円」

と表示されます。これは売値が113.20円、買値が113.25円

という意味です。売値と買値の0.05円の幅がスプレッドであり、

この場合は5銭に置き換えられます。

別の例で言い換えると、市場価格が「1ドル=100円」だったとき、

そのFX会社のスプレッドが1銭であれば、私たちは

「1ドル=100.01」で買うことができます。

つまり「0.01円=1銭」を支払っているわけです。

実はこの為替レートの差額であるスプレッドがFX会社に

支払うコストであり、FX会社によって設定金額が異なります。

現在はどのFX会社も売買手数料が無料であっても、この

スプレッドによって実質的なFX会社の収益につながって

いきます。

どの市場にもスプレッドはある

このスプレッドというのは買い(ビッド)と売り(オファー)

の差であり、どの市場にもあります。

というのは、そのFX業者がカバーする市場でもスプレッドが

あり、このスプレッドがFX業者の収益とは一概には

言えないのです。

ただいえることは、このスプレッドが狭ければ狭いほど

使い手にとっては収益チャンスが広がってきます。

FX会社別スプレッド比較

会社名          米ドル円      ユーロ円            オーストラリア円

DMM FX       0.3銭原則固定例外あり 0.6銭原則固定例外あり     0.7銭原則固定例外あり

GMOクリック証券   0.3銭原則固定     0.6銭原則固定         0.7銭原則固定

外為どっとコム    0.3銭原則固定例外あり  0.6銭原則固定例外あり    0.7銭原則固定例外あり

JFX          0.3銭原則固定     0.5銭原則固定        0.8銭原則固定

SBI FXトレード    0.27銭~取引量で変化  0.69銭~取引量で変化     0.77銭~取引量で変化

スワップポイントも各社で差がある

スワップポイント(金利差益)によるものがあります。

中身を知れば為替差益による利益に比べると微々たるもの

ですが、これも累積すればばかにできません。

FXの取引コストには「売買手数料」と「スプレッド」があるりますが、

現在は売買手数料無料のFX会社が多数派で、注目はスプレッドの狭さ

となります。

そして、スワップポイントも、各社の間で差があるので、よい

スプレッドを提示している会社が実質手数料がかからないことに

なります。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、FXで得られる利益のひとつで、

2つの通貨の金利差のことをいいます。

通貨にはそれぞれの国の金利があります。たとえば日本なら、

金利はほとんどゼロ%です。1年間保有しても

現在ほとんど利子はつきません。

日本の金利は世界的に見ると、超低金利です。他の国

通過の金利はユーロやスイスを除いて、日本円よりも

高いです。

その場合、外貨を買い持ちにしておくと、外貨の金利が

日本よりも高いため、そのポジションを保有しておくことで

その金利差分がスワップポイントとして、もらえることに

なります。ただ、このスワップポイントも競争力のある

ポイントとそうでないポイントで差があります。

スワップポイントがあまりよくない場合は、その業者は

ある意味手数料をとっていることになります。

fxswap

これが各社のスワップポイントの例ですが、みてのとおり

円を取引する場合、買いと売りサイドでプラスとマイナス

に変わります。

外貨を買い持ちにすればプラスのスワップポイントがとれる

し、逆に外貨を売り持ちにすれば、マイナスのスワップポイント

になります。

このスワップポイントは市場によって変わってきますので

大手のFX業者を選べば各社それほど大差がないようです。

初心者にわかりやすいことが大事

始める前にあれこれ情報を集めて悩んでいても、実は

ほとんど意味はありません。

さっさと行動できる人が最終的には勝ちます。

ここで開設する口座を間違えたら大きく損をする!破産する!」

なんてことはありません。

使いにくいと感じたら次の口座を開設すればいいだけ

の話です。

稼いでいる多くの人は複数のFX口座を持っています

というより、稼いでいる多くのプレイヤーは複数の口座を持って

使い分けています。

初心者が口座を選ぶ際のポイントはここだけ

初心者がFX口座選びのポイントはの4つだと思います。

それは、

1.初心者でも使いやすいと感じる操作性抜群の取引ツールかどうか

2.スプレッドなどの取引コストはどうか。

3.少額取引は可能かどうか。

4.取引業者の信用性。

この4つです。

上記を踏まえ、現時点で私が初心者の方に

オススメする口座はこちらです。

各FX会社の特徴!

業界1位のGMOクリック証券

業界No.1の取引高です。多くの人が使っている

ということは、それだけ多くの人

にとって使いやすいということですね。

あれこれ考えるより、多くの人が認めている

業者で開設すれば間違いはないと思われます。

”iサイクル”が注目の外為オンライン

iサイクル注文とは『外為オンラインが特許を取得した、

リピート型自動売買システム』です。自力

でトレードする場合、為替相場の読み、相場観など、

トレードの経験値が必要になります。また、相場が

急変したときは、焦りで早めの利食い、恐怖感から

損切りができないということも、FXあるあるです。

iサイクル注文は、実際に利益を上げている注文を、

あなたがそのまま運用できるリピート型自動売買なので、

今までFXを諦めていた人や、自力で勝てなかった人も、

利益を出しているオススメの自動売買です。

なんと利益が出た成功率は76%という高い確率を

ほこっています。

iサイクル注文は、自動で注文を繰り返します。

必要なのは最初の設定だけです。

あとは設定したルール通りに、あなたに代わって昼も夜も

取引を繰り返します。

感情に左右されることなく、あなたが決めたルール通りに

自動でコツコツと、取引を積み上げていきます。

忙しくてFXにチャレンジ出来なかった方に、とくにFXは夜中に

よく動くのでそのチャンスをものしたい方

こそ、iサイクル注文はおすすめとなります。

これまでは、自分が相場状況に応じて、買注文、または売注文

の判断が必要でしたが、トレンドによる自動注文の機能を使えば、

システムが買注文、または売注文を判断し、取引を開始します。

取引開始後は、トレンドの転換点にあわせて、買注文、または売注文を自動で

反転させながら取引を続けます。

トレンド解説図:iサイクル注文取引開始時システムが自動で売買判断し、取引開始後 トレンド転換時、トレンドに合わせて自動で売買を反転

トレンド解説図:iサイクル注文取引開始時システムが自動で売買判断し、取引開始後 トレンド転換時、トレンドに合わせて自動で売買を反転

 

SBIFXトレードの評判がいい3つの理由は

SBIFXトレードの評判がいい理由は主に3つあります。

1.取引単位が業界最小が可能

取引開始に必要な資金:SBI FXトレード 1通貨単位4円 一般的な外国為替証拠金取引 1万通貨単位 40,000円

ネット金融最大手のSBIグループならではの安心感と高品質なサービスが

売りのFX会社です。そしてなんといっても、他社にはない1単位通貨からの

取引なを行っており、初心者には嬉しい会社といえます。

他のFX会社では、最小取引通貨単位が1万通貨単位か1000通貨単位

というところですが、SBI FXトレードの場合には何と1通貨単位で

取引することができます。

ドル円だと、1通貨単位の証拠金は約4円で取引をすることができる

ということになります!

この1通貨単位でのトレードは、他のFX会社では提供されていませんので

最大の差別化されたサービスといえます。

なぜこれがいいのかというと、最初から何万円もつかうのは怖いです、

慣れて自信がついてから取引をおこないたい、という初心者のニーズ

に見事にこたえたものとなっています。

初心者の方は少額取引がオススメです。少額取引でリアルトレードの

感覚をつかみ、徐々に取引額を大きくしていけば、心理的な負担を感じること

なく、FXの取引が出来るでしょう!

2.スプレッドが業界No1!

SBI FXトレードというと、ドル円0.27銭のスプレッドという

イメージが強く焼き付いていますが、実はこの数値が適用されるのは

1万通貨まで、それ以上の通貨単位では0.27銭よりも高いスプレッドが

提供されていました。ところが、2017年8月1日以降にさらにスプレッドの

見直しが行われ、ドル円のケースでは1万通貨超から100万通貨まで0.29銭

という業界最狭水準のスプレッドが提供されるようになっています。

100万通貨でもこのスプレッドですから、短期売買トレーダーに

とっては非常に魅力のある数字です。

ちなみに、100万通貨までは原則固定スプレッドとなりますが、

100万通貨超については変動スプレッド制となります。

3.他社にない積立FXがある!

FXといえば、ハイリスクハイリターンの証拠金取引で

知られているわけですが、この概念を根底から覆したサービスが

SBIFXトレードのみで提供される積立FXです。

これはSBIグループだからできるサービスで

「積立FX」の特徴とは、1通貨単位から積立でき、

レバレッジは最大3倍までに制限、売却は好きなタイミングでいつでもできるというものです。

外貨に関心はあるけれども、FXは怖くて手が出せないという人にはうってつけの

サービスです。

外債投資よりも遥かに有利ですし、普通預金などに比べても

魅力ある商品となっているところが魅力となっています。

手数料が高い投資信託よりも有利な投資ができる可能性は

高いので、これがよい評判となる理由となっています。

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報