FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

FXにかかるコストとは?手数料とスプレッドでFX業者を比べてみた!

スプレッドとはなに?

「FX 手数料」の画像検索結果

スプレッドとは為替レートに存在する「買値と売値の差」

のことです。例えば、ニュース番組などで為替レートを

報道する際に、米ドル/円が「1ドル=113.20~113.25円」

と表示されます。これは売値が113.20円、買値が113.25円

という意味です。売値と買値の0.05円の幅がスプレッドであり、

この場合は5銭に置き換えられます。

別の例で言い換えると、市場価格が「1ドル=100円」だったとき、

そのFX会社のスプレッドが1銭であれば、私たちは

「1ドル=100.01」で買うことができます。

つまり「0.01円=1銭」を支払っているわけです。

実はこの為替レートの差額であるスプレッドがFX会社に

支払うコストであり、FX会社によって設定金額が異なります。

現在はどのFX会社も売買手数料が無料であっても、この

スプレッドによって実質的なFX会社の収益につながって

いきます。

どの市場にもスプレッドはある

このスプレッドというのは買い(ビッド)と売り(オファー)

の差であり、どの市場にもあります。

というのは、そのFX業者がカバーする市場でもスプレッドが

あり、このスプレッドがFX業者の収益とは一概には

言えないのです。

ただいえることは、このスプレッドが狭ければ狭いほど

使い手にとっては収益チャンスが広がってきます。

スプレッドの計算方法は

この場合、仮に「1ドル=100円」のとき、1万通貨を買うと

0.3~2銭に対して、30~200円分のスプレッドが発生します。

1万通貨とは「1ドル×1万通貨」を意味しますので、

「1ドル=100円」のときは100万円となり、スプレッドの

「0.3~2銭」も1万倍して「30~200円」となります。

最近はとくにドル円に関してはスプレッドが0.3となっている

FX業者が多くなっています。要するに1万通貨だとスプレッドが

30円しかかからないのが現状です。

 

FX業者別スプレッドは

会社名          米ドル円      ユーロ円            オーストラリア円
DMM FX       0.3銭原則固定例外あり 0.6銭原則固定例外あり     0.7銭原則固定例外あり
GMOクリック証券   0.3銭原則固定     0.6銭原則固定         0.7銭原則固定
外為どっとコム    0.3銭原則固定例外あり  0.6銭原則固定例外あり    0.7銭原則固定例外あり
JFX          0.3銭原則固定     0.5銭原則固定        0.8銭原則固定
SBI FXトレード    0.27銭~取引量で変化  0.69銭~取引量で変化     0.77銭~取引量で変化

 

まとめ

スプレッドというのは、買いレートと売りレートの差の

ことですが、最近では業者の競争が激しくて大差がなくなって

います。ドル円であれば0.3が通常となっており、あまり

スプレッドで差はなくなっています。

FX業者を選定する場合は、そのほかのツールであるとか、

またトレードの目的にあった業者を選ぶことが大事のようです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報