FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

FAANG銘柄が依然として投資家の見通しが楽観的な調査背景とは

FAANG銘柄とは、アマゾン、アップル、ネットフリックス、

グーグルの親会社アルファベットを指します。

そして、8月3日から9日までに243人の投資家、総額7350億ドルの資産

を対象にして行われた最新のバンク・オブ・アメリカの

月次機関投資家調査では、株価が世界的に落ち込み、投資家が

安全な避難場所として米国を趣向し、米国株式への配分は、

10%から19%へのオーバーウェイトとなったようです。

これは、の2015年1月以来の最大のオーバーウェイトであり、

米国が5年ぶりに始めてトップ・エクイティ地域となりました。

米国が趣向される背景は

米国が世界が不安定ななか、安全資産としての魅力に加えて、

今回の調査回答者の67%が、米国の利益見通しが最も好調で、

過去17年で最高となっています。

トルコなどの新興市場による減速懸念を打ち消しているのは、

FAANG + BAT株の成長/技術に対して、投資家が継続的して

買いを継続しており、6ヶ月連続で最も人気のある銘柄なって

います。

上昇しているのはテクノロジー株だけではありません。

テクノロジー株を超えて上昇しているセクターもあります。

8月の投資家の動向をみると、彼らは銀行株を買い、米国を

安全な避難場所として、米国株やキャッシュに買いポジション

を傾けています。同時に彼らは、資材やエネルギーそして

イギリス株式のようなコモディティ/ディフェンス部門そして

地域を売却しています。

ドル円への影響は

世界の市場が荒れはじめているなかで、安全志向と

アメリカのパフォーマンスの好調さを趣向するポジション

がますます増えているようです。

すなわち、為替でもドルのポジションにも相当集積

しているようで、今後そのポジションの逆流も

心配されます。

ドル円でも、その流れで相当ドルロングがたまっている

と思われ、上記のように、投資家の趣向がすでに

傾いている状態のときには、気をつけたほうが

いいと個人的に思います。

ドル円は、今後112円台が天井として、重い展開となることを

予想します。

 

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報