FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

ECBの国債購入量的緩和、どこまでが織り込まれている?

市場に衝撃もたらした、SNBのスイスフランの上限撤廃
や、昨日のフランス大統領のオランドの緩和示唆など、
22日でのECB理事会での国債購入の発表は、すでに規定路線
になっているようです。
今は、どのように、いくらの議論に市場注目は移っているようです。
それでは、現在のところどこまで織り込まれているのか?
金額に関しての中心的な予想は、5000憶から6000億ユーロの
規模になるというのが、コンセンサスになっているようです。
そして、もうひとつの論点である、誰が購入するのか、については、
各国中央銀行が購入する可能性が高いとされています。
これは、ドイツなどが懸念を抱いている、デフォルトリスクの懸念を
和らげるための方策で、上限は、既存債務四分の一に制限される
可能性が高いとされています。
ただ、これには絶妙なトリックがあると思われ、国債の購入資金は、
ECBが捻出するため、間接的には、ECBのアセットとなります。
そこで、この妥協案による国債購入を実現させる可能性が高いと
思われます。
ここでの問題点は、ECBがデフォルトリスクを各国中銀に委ねる
ことで、ECBの全力で取り組むという印象が薄れる可能性が
あります。
この反応に関しては、まだ市場は織り込んでいないように思われます。
いずれにしても、すでにハードルが高くなってしまっている今回
のECB理事会、発表後反応は、上記場合多少の乱高下があっても
ユーロ安のトレンドは変わらないと思われます。
前回指摘した、1・18台のレジスタンスは依然として機能する可能性
が高いと思われます。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報