FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

CDS指数のチャートの推移からわかるハイイールド債からの資金移動!

2018年を通して、米国ハイイールド債券は現金担保価値よりも

プレミアム領域で取引されていました。

その後10月に入り衝撃が走り、世界の資金の流れが急速に変わり、

ハイイールド債は急落していきました。これによってハイイールド債は、

プレミアムからディスカウント領域に追い込んでいっています。

なぜハイイールド債が売られているのか?

highyield

この背景に既存のETFポジションのヘッジとして

流動性の低い基礎ポジションの売却に走ったためです。

また新興債務市場では、相対的に流動性の高いETFが

既存の流動性の低い新興債務に対して15%のディスカウントで

取引されているという酷いことがおきています。

流動性危機がキャッシュマーケットからCDS市場に

波及する恐れがあるため、この数週間投機筋はヘッジ手段として

CDS市場に注目するようになりました。

これが、ハイイールド債からCDS市場に資金が向かっている

背景です。

世界中の多くのファンドが債券ETFに集積させており、

今は償還のラッシュに対応しきれなくなっているようです。

なぜCDS指数でヘッジするのか?

cds

それは、CDS市場の流動性の高さにあります。

株価の上昇とともに、こぞって資金はハイイールド債に

も向かっていましたが、ここにきての株価の急落で

その資金の逆転が起きているようですが、いかんせん

ハイイールド債現物市場には、流動性が少ないために

ヘッジ手段としてCDS市場が使われているようです。

今年の市場は歴史的に違う

株式市場が大きく下落調整しているにもかかわらす、

米国債利回りがそれに反応していない

という懸念も持ち上がっています。

これは、とても稀なことで、少なくともここ

最近歴史をみると、過去20年間で1回しか

起きていないが、その時は、大規模な質への逃避と

ロシア債務不履行とLTCMの危機にlを巡る複雑な動きが

起きていました。

一般的には、株式が10%以上下落するときは、質への逃避が

おこり、米国債利回りも低下がおきますが、10年債利回りは

ピーク時の3.25%から下落しましたが、s&p500が9月にピークを

つけた時よりも、米国債利回りは高くなっています。

まとめ

今年のマーケットの動きは違った様相を呈して

いると指摘している人が多いようです。

今年は株価の急落を2度経験していますが、

米国債券利回りは、上昇を続け、またドル円相場

も円高にならない展開が続いています。

それぞれの市場の構造が変わって来ている可能性が

高く、今後の市場を注意深く見守る必要が

あると思われます。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報