FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

2018年のユーロストック50の見通しがS&P500よりも楽観的である理由は!

米国株の象徴指数であるS&P500は、今年にはいっても

過去最高値を次々塗りかえるなど絶好調を維持して

いますが、今年は昨年取り残されたユーロストック50

のほうが魅力的であるとの見通しもたっています。

今回はその理由についてです。

ユーロストック50の見通しが強い

世界的な経済成長の回復が広がり、出遅れていた地域

に追い風が吹き始めています。

それがユーロストックですが、今年はここからまだ

加速するであろうとの見通しがたっています。

ユーロストックが魅力的な理由は

2018年にはいってからイタリアの主要株式指数は

6.9%も上昇し、あのギリシャですらも5.5%上昇

しています。

ユーロ圏で幅広い成長の幅がひろがっているようです。

このながれから米国の投資家もETFを通じて

参入しているようです。

ユーロストックが好調な理由として、欧州南部の

株式がアウトパフォームしてきているからです。

その背景には、ソブリン債務危機が一服して、

その地域の債券利回りが大幅に下がったことも

あげられます。

 

ユーロストックがS&P500より有力な理由は

ユーロストックの予想配当利回りが、3.2%に対して

S&P500は1.91%と2007年以降の低水準を記録しています。

またこの配当利回りは、米国債券2年債利回りよりも

下回る水準となり。

ということは、米国株にとっては、リスクのある株よりも

リスクがなく、利回りも固定している債券のほうが

リターンが高いという矛盾した状況のテリトリーに

はいってきているというこです。

一方で、ユーロストックについては、ECBが今のところ

緩和政策を維持していることもあり、ユーロストックと

債券の利回りをくらべてみると、断然株式のほうが

旨味のある状況です。

 

まとめ

全てのポジティブ要因を含んでしまっている米国株式と

出遅れてこれからスタートするユーロストックの間では

断然後者の方が上昇余地があるように思います。

ただ気になることは、ユーロについては、政治的な要因

すなわち、間近にくるイタリアの選挙と、為替がユーロ高に

急激に進むと、輸出メインのユーロ圏にとってみれば

ネガティブとなります。

今年はユーロドル相場上昇の年?

ユーロへの信用回復と、この堅調な株式相場を

間接にもつのであれば、ユーロドルのロング

を今年のテーマにしていかがでしょうか

ユーロドルは昨年の年末の引けが、重要なポイント

を超えて引けたので、ユーロが大きく反転する

という見方もあります。

今年は久々にポジティブなユーロがテーマになる年と

なりそうです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報