FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

5月のFOMCステイトメントでFRBバランスシート縮小の示唆する理由とは?

FRBは3月のFOMCで政策金利を0.75〜1%に引き上げ、

年内に25bpの利上げをあと2回見込んでいることを示唆

しました。しかし今月のFOMCでは記者会見がないことから

見送りが予想されていますが、FRB幹部らは

米国債と住宅ローン担保証券から構成される

証券ポートフォリオについて、段階的縮小の

開始を年末までに示唆する可能性が高いと考えています。

FRBバランスシート縮小は規定路線?

「5月FOMCステイ...」の画像検索結果

米商務省が4月28日発表した1-3月期GDP

は前期比年率換算0.7%増にとどまりました。消費者信頼感調査が

大幅に改善し、株価も上昇したにもかかわらず、個人消費が

低調だったことが響いたかっこうです。しかしながら、

FRBが今回のGDP統計を特に材料視することもなさそうです。

その理由あh、個人消費の低迷が一時的な

要因によるものだった上、経済成長はここ数年、1-3月期に

減速しても春から夏にかけて上向くというパターンを繰り返

してきたいるからです。

インフレも低調だけれども

インフレも予想外に鈍化した。米労働省が発表した3月の

消費者物価指数は前月比0.3%低下、

価格変動の大きい食品とエネルギーを除くコアのCPIは同0.1%

低下という低調な状況が続いています。コアCPIが低下したのは

2010年1月以来、7年2カ月ぶりです。

それでもFRBは、米経済は完全雇用に近い状態にあるため、

今後数カ月でインフレはゆっくりと加速するという楽観的な

見方をくずしていないようです。

3月の失業率は4.5%と、前月の4.7%から下がり、約10年ぶりの

低水準となっています。

FRBの スタンレー ・フィッシャー副議長は4月17日の講演で、

大規模な緩和策を今後も徐々に解消していけば、「米経済の拡大が続く

との見通しを最大限まで高めるとともに、望ましくない影響が

海外に波及するリスクを抑えることができそうだ」と利上げを

示唆しています。

 

バランスシート縮小の理由は海外の安定

世界経済がより粘り強い成長を見せていることで、FRBは

最近の弱めの国内経済指標を以前ほど懸念しなくなっている

ようです。

イエレン議長は4月10日のミシガン大学での

講演で、「世界経済はかなり脆弱だったが、

現在は力強さや好調さをやや増しているようだ」とのいう

今後の利上げとFRBのバランスシート縮小にむけて自信を

もっているようです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報