FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

1月米国CPIの急上昇で3月の米利上げ可能性が高まるが、それでもドル円反応はいまひとつ?

3月の米利上げの可能性が急上昇しています。

1月の米消費者物価指数(CPI)が予想を上回る上昇となったことと、

イエレンFRB議長の議会証言内容がタカ派的と受け止められている

ためです。

1月のCPIが2013年2月以来の高い伸びとなりました。そこで

先物トレーダーが織り込む3月14、15両日のFOMCでの利上げ確率

は42%と、今月6日時点の24%から急上昇しています。

 

イエレンの議会証言の影響が大きい

3月の利上げ確率の急上昇の背景としては、イエレン議長が14、15両日

に上下両院で行った半期に一度の証言で、緩和解除を長く待ち過ぎるのは

賢明ではない、と語ったことも挙げられます。

これでFOMC参加者が先に示した今年3回の利上げ見通しに

追い付き始めており、こうした市場センチメントの移り変わりで

米国債利回りが一段と上昇するという見方が強まっています。

ドル円の反応はいまひとつ

ドル円相場は昨日の議会証言の後は上昇したものの、昨日のCPIの

発表以降は利食い売りに押されています。

先週から政治的なイベントをクリアして、ドル円はとくに買いやすい

地合いとなっているようですが、そのわりには、ドルの上昇が鈍い

感じがします。

これは、おそらく、市場のポジションがすでにロングに傾いて

いることもあげられるかと思われますが、少し警戒すべきことは

ドル買い材料は、金利の見通しをはじめてとして、トランプのリフレ期待

を含めて出尽くしているため、はしごを外されたときの反応のリスク

のほうが大きい展開も警戒しておくべきのような気がします。

肝心のトランプ政権の船出はフリン氏お辞任をはじめ、労働省の閣僚も

辞めざるおえない状況に追い込まれている実態もあり、油断してドルを

買い進めるとしっぺ返しを食らうような気がしています。

プロフィール


Yoshi

こんにちは、Yoshiと申します。
約20年に及ぶ外資系銀行でのトレード経験を活かして金融情報を独自の視点で発信しています。

FX口座・ツールランキング
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
GMOコイン
LIGHTFX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
マーケット最新情報