FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

豪ドル円(AUDJPY)の2018年後半見通しはS&P格付け見直しで上昇し続けるか?

今年の前半は逆風が吹いていた豪ドルに

ポジティブなニュースが飛び込んできました。

格付け会社S&Pグローバル・レーティングが

オーストラリアの格付け見通しを「ネガティブ」から

「安定的」に引き上げたのです。

ここ最近はAUDJPYも上昇に転じていましたが

このニュースをきっかけに豪ドル円は中長期的にも

底をすでに打ったのかどうか分析してみたいと思います。

S&Pがオーストラリアの格付けを見直した背景

オーストラリアが2020年代の早い時期に財政黒字を

回復すると予想されていることが背景です。

オーストラリアの現行格付けは最上級の「AAA」ですが

これは、日本の現在の格付けが、イタリア並みに落ち込んだ

いる状況を考えると、はるか何ノッチも上です。

しかも今回オーストラリアは、見通しが安定的に変わった

のです。ということは、最高格付けのままで当分は

留まるということです。

S&Pは発表資料で、「力強い労働市場と比較的堅調な

商品価格に支出抑制が加わり、底堅い歳入の伸びを

支えると予想している」と説明しています。

「不動産価格の秩序立った巻き戻しが続き、そうした

鈍化によって個人消費や金融システムの資産の質が大きく

圧迫されることはないだろう」と予想しています。

S&Pは2016年7月以来、豪州の格付け見通しを弱含みと

していましたが、今回これが安定的に変わったのです。

いっぽうで円はどうか?

一方で日本の格付けはというと、シングルAプラスです。

オーストラリアのトリプルAのしかも安定的な格付け

に比べると相当な差があります。

要するに世界は莫大な日本の財政赤字を気にしているのです。

ご存知のように、日本の国債は、実質日本銀行がファイナンス

しているのが現実です。

日本国債マーケットは、実質機能していないのが現状で

日銀が国債を買わなくなったらどうなるのか、予想するにも

おそろしい状況です。

まとめ〜今後の見通しは

今年の8月くらいから豪ドルが反転し始めて

いる背景には、オーストラリアの経済が

反転し始めていることも理由にあげられます。

audjpy

テクニカル的にも、豪ドル円は二番底を形成した

フォーメーションにもなっており、この最近の

反転で、ダウンチャンネルの抵抗線もブレイクしよう

としています。これだけファンダメンタルズと

テクニカル分析が適合することも珍しく

個人的にはAUDJPYは、中期的スタンスで買い持ちを

維持したいと思っています。

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報