FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

米国自社株買い2018年の見通しは過去最高にも関わらず株価が下がる理由とは

米国の自社株買いについて、政治色の強い話題に

なっていますが、2018年はすでに過去最高水準に

達しているようです。。先週公表された

今年から現在までの1710億ドルの自社株買い総額は、

年の初期の数字において過去最も高い数字となっています。

2018年自社株買いが記録的な背景は

実際、この数字は、過去10年間年前半の平均値である

770億ドルの2倍以上に達しています。

そして、企業のキャッシュ使徒予想

によると、この自社株買いの押し寄せる波は、今年さらに

解き放たれるであろうと予想されています。

米国の主要株式指数であるs&p500の企業のキャッシュ使徒レポート

によると、2018年企業の現金支出は、法人税改正と株価収益の

増加によって15%増え、2.5兆ドル増えると試算されて

います。そのうち1.4兆ドルは成長投資に、そして1.2兆ドルは、

株主に還元される見通しとなっています。

2018年の設備投資の増加は、適度の11%で6900億ドルになり

引き続き現金の最も大きな使い途となる見通しであり、

そして、自社株買いは設備投資額にぴったり付くかたちで2017年

の5270億ドルから23%増加して過去最高の6500億ドルに達する見通し

です。

この2018年の自社株買い総額は、記録上s&p500の年間自社株買い総額

最も高い数字に押し上げることになりそうです。

にもかかわらず株価が下がる理由は?

これだけ、歴史的最高水準の自社株株買いニーズが

あるにもかかわらず、なぜ株価は下がったのか?

それは、タイミングの問題です。

株価は、要因をどの程度織り込んでいるかによって

変わってきます。

トランプ政権の減税法案が通過したのhs、昨年の末

のことで、自社株買いがさららに強まるであろうという

見通しは、その前から前倒しして、投資家が買い上げて

いたと思われます。

自社株買いというのは、受給的にその銘柄がタイトに

なるわけですから、買い要因となりますが、その要因は

前倒しで市場は消化してしまったのが下がる原因と

なったと思われます。

今は米国の金利上昇にビクビクしている状態

市場は常に次を見据えています。

減税効果はあったとしても、ここ最近の長期金利の急上昇

によって企業収益が圧迫されるとの懸念が台頭して

いるのです。

減税すれば、同時にファイナンスの問題も出てくるのです。

世界的な株価の上昇は、今まで、低金利の状態

が続くとの前提で継続していた要因が強く、金利が予想以上

に上昇してくれば、減税効果を打ち消してしまうとの見方

が市場を占有し始めているのが現状です。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報