FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

米国株式S&P500は割高な状態なのかそれともまだ上昇余地があるの?

アメリカ6月の雇用統計が予想よりも大幅によかったことを

受けてからの米国の株式市場の上昇が止まりません。

イギリスのEU離脱による負の要素があるにも関わらず、市場は

各国中央銀行の金融緩和に焦点があたり、市場はまさに金融緩和に

よる流動性相場と化しているようにみえます。

株式市場の割高を示す指標とは

S&P500のPERは、過去10年の平均である14倍を上回っていますが

債券利回りは過去最低水準で推移しており、株式には確かに相対的な

割安感があります。PERの逆数である株式益回りは現在約6%です。

株式益回りから10年債利回りの1.38%を引いた差である株式のリスクプレミアムは

4.6ポイントとなり、金融危機と欧州債務危機を除く過去15年間の最高水準に近いです。

最近のさまざまな問題がもたらす不安感にもかかわらず、楽観論が高まっているのはこのため

のようです。

相対的なバリュエーションは概ね妥当でも、それは株式の適正なリスクプレミアムを

市場が見直す可能性がないことを意味していません。

2014年にジャンク債の利回りは5%未満で過去最低に近い水準でした。ハイイールド債と

米国債の利回り差は約3.25ポイントと過去最低水準をなお上回っており、投資家は陶酔

していました。ところがその後、原油価格が急落し、エネルギー企業だけでなく

コモディティー取引とは関係の薄い企業までもがデフォルト(債務不履行)に陥る

可能性が高まったことでハイイールド債は2014年半ばから底値を

付けた2016年2月11日までに17%急落しました。

ジャンク債のケースと同様に、株式のリスクプレミアムは見かけほど大きくないのかもしれない。

2017年の予想利益の伸び率16%は高過ぎるように見えるが、原油価格の上昇、ドル安、製造業の

好調な指標などを考慮にいれています。しかし、英国の国民投票でEU離脱が選択されたことで、

企業利益の急上昇は疑問視される可能性が高いです。

 

イギリスのEU離脱がじわじわと企業収益にダメージとなる

英国のEU離脱決定で欧州大陸の経済成長率は離脱決定がない場合より2ポイント

低下する可能性があります。

加えて、英国を含む欧州向けが約15%を占める米国企業の売上高は、伸び率が

0.3ポイント縮小する可能性があり結局、益利回りの分子の予想利益が高過ぎれば、

株式は見かけほど割安とは言えないと思われます。

プロフィール


Yoshi

こんにちは、Yoshiと申します。
約20年に及ぶ外資系銀行でのトレード経験を活かして金融情報を独自の視点で発信しています。

FX口座・ツールランキング
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
GMOコイン
LIGHTFX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
FXレート

マーケット最新情報
FX NEWS
チャート