FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

米国トレジャリーボンド10年物の2018年今後の予想は

米国トレジャリーを扱っている誰しもが

米国の金利は上昇し、米国トレジャリーも

これからまだ売られるとの予想をたてている

参加者が多いのが現在の市場です。

しかしながら、大手投資銀行の直近のレポートで、

長期の債券において絶好の売り場という警鐘がなった、

という見方も出てきています。

トレジャリーボンドは売られ過ぎ状態

歴史が示しているのは、米国債利回りの予想コンセンサス

はいつも間違っています。予想したポイントが正確に

やってこないのは誰もが理解してるのが、このマーケット

です。

このコンセンサスは方向性において間違っているか

あるいは、方向性が正しくても、タイミングについて

いつも間違っています。

みんなの意見は案外正しいという

考え方は米国債券利回り予想については、いまだ当てはまって

いないのが現状です。

過去のパターンから予想すると

債券利回りが劇的にそして予想外に上昇すると、

コンセンサス予測がそれに必死に追いつこうと

します。

⬇︎のチャートは、過去10年間の3四半期先の10年利回りの

コンセンサス予想と実際の10年利回りの動きを示した

ものです。

 

このグラフが示していることは、利回りが安定した後でさえも、

コンセンサス予想利回りは上昇し続けていること

です。このことはおそらく弱気なセンチメンと大きな売り

をきっかけとした最新のバイアスによるものであろうと

思われます。

しかしながら、このパターンからわかる通り、人の心理は

いつも後追いしています。

そして、後追いした結果、現実の利回りに追いついた時が

相場の最終局面にいつもなっています。

これが過去のチャートからわかることです。

ドル円の動きとの関連は

今回のトレジャリーボンドの動きも、大きく利回りは

上昇しましたが、FOMCの政策は過去とそれほど

かわっていません。市場も今年3回の利上げはすでに

折り込み済みで、現在の米国トレジャリーボンドの動き

は、それをも超えてコンセンサスが暴走しているようにも

みえます。

過去のチャートを照らして、冷静に考えると、米国債の

売り場はすでに終焉に近づいているのかもしれません。

今回の過熱した状況に今更参加するのは得策ではないような

気がします。

2月にドル円が売られていた背景は、米国債が急激に売られ

金利が急上昇し、株価に悪影響をもたらす不安があった

からです。

ドルの金利が高水準で安定するのであれば、ここからは、

ドル円の買いも入りやすくなるのでは、と思っています。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報