FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

米国イールドカーブの異常なフラット化!ドル高はいつまで続く?

アメリカの米国債利回りが異常なことになっています。
 
米国のイールドカーブが他のすべてのG10諸国に比べて異常な
 
ことになっているのです。
 
それは、米国の5年利回りはが 現在他のG10諸国の10年利回りよりも
 
高くなっている。そして、米国債のイールドカーブが過去に例を
 
みない異常な状況となっています。
 

米金利で起きている異常な状況とは

非常に珍しい現象が起きていることとは、米国金利はは
 
他のG10諸国全般に比べて、2年、5年そして10年の利回り
 
ですべて上回っているのです。しかもただ高いだけでなく
 
他のG10諸国の10年利回りよりも米国の5年利回りが高くなっ
 
いるという過去に例をみない状況が起きています。
 
 
米国の3年物利回り(2.73%)も、オーストラリアの10年物(2.82%)
 
除くすべてのG10諸国の10年利回りよりも上回っています。
 
そして言うまでもありませんが、米国の利回り曲線の驚くべきフラット化
 
が起きています。
 
参考のために、前回米国10年利回りが現在の水準3%であったのは
 
2011年に遡ります。その時と比較すると、2年の利回りは約0.4%で、
 
約4.3%でした。現在のイールドカーブは↑のグラフのように
 
3か月の金利も2%を超えているのでいかにイールドカーブが
 
過去と比べてもフラット化していることがわかります。
 
一方、2011年にはドイツの10年債券も3%前後であったが、現在の
 
水準は0.641%であり、最も狂った世界金融市場の1つとも
 
いわれています。
 

ドル高はいつまで続くのか?

↑で示したように、ドルの債券に投資すれば、期間リスクも
 
他の国に比べて限定的であり、(なぜならばアメリカの5年
 
金利のほうが他の10年の金利よりも高いから)しかも
 
金利水準も絶対的に高い状況です。
 
ここ最近のドル高は、明らかにこの流れに沿って起きています。
 
 
↑のグラフは中国人民銀行が預金準備レートを4月16日に引き下げて以来、
 
過去1カ月間に利回り曲線と為替のドル指数を示す関係を示した
 
グラフです。急激な金利の動きがドルの同様の動きと一致していることが
 
わかります。
 
アメリカはさらなる利上げを今後を示唆しています。
 
6月のFOMCでも利上げが予想されているなか、アメリカの金利と他国の
 
金利水準の乖離が今後もさらに続くことが予想されます。
 
このトレンドが続く限りにおいてはドル高は続くと思います。
 

まとめ

ドル高はいつまで続くの?という問いに対しては、FRBの利上げペース

にかかっているように思われますが、今のところFRB理事たちは

当初の見通しのとおし、利上げを遂行することを示唆しています。

まずは6月のFOMCが注目で、もしそこで予想通りの利上げが

実施されれば、夏場にかけては、この絶対的な金利差からドルの買い

需要は続くと思います。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報