FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

米国のPCAOB監査(公開会社会計監視委員会)が中国企業に下す上場廃止の影響は?

金融市場を驚かすようなニュースが飛び込んできました。

トランプ米政権が米証券取引所に上場する中国株の廃止を

検討しているというのです。

この報道を受けて、中国株が軒並み急落し、週末の株式市場

とくに中国株は波乱の展開となっています。

NY取引所中国株上場株への規制とは

中国株を代表する銘柄としては、

電子商取引大手のアリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)や

京東商城(JDドットコム)(JD.O)、検索サイトの百度(バイドゥ)(BIDU.O)など

が代表ですが、これらの銘柄が4―7%値下がりしました。

そしてダウ平均株価にも影響を及ぼし、軒並み下落しています。

米議会は今年6月、米国に上場する中国企業に対し、米当局による

監督受け入れを義務付ける法案を提出しています。

現状では中国の法律で監査資料の開示などが制限されているため、

米国当局による監視が制限されていることが事実です。

同法案が成立すれば、財務情報の開示が必要となり、要件を満たさない

企業は上場廃止処分となります。

米国PCAOBの役割とは

米国では公開会社の監査を監視する手続きとして、公開会社会計監視委員会(PCAOB)

があります。の手続きに従わない企業はどこの国の銘柄であれ

米国の投資家にリスクをもらたす可能性がるとの原理原則をもっています。

要するに、今回の上場中国株に対する圧力は、このPCAOBの手続きに

従うように米当局が圧力をかけることが基本になると思われます。

まとめ

今年2月時点でニューヨーク証券取引所(NYSE)や、

ナスダック市場に上場する中国企業の数は156社に上って

います。そのうち11社が中国の国有企業となっています。

この方針は、トランプ大統領の気持ち次第で、どうにんでも

運営される雰囲気もありますが、ただ米国で販売される証券は

すべて米証券法に従うとういのは、いわば原理原則であり

これに従えないに銘柄の上場廃止はどこの国上場銘柄だろうとも

しごく当たり前のことであるという意見もあるようです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報