FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

米国の景況指数が軒並み下落しているなか”インフレなき経済成長”は本当に続くのだろうか?

引き続き米国経済はgoldilocksの状態 “インフレなき経済成長”

の状態にあります。

この状態は本当に続くのでしょうか?

ただ現状この見方に対して懸念となるのは、ここ最近の

ビジネス調査結果です。7月の製造業景況指数は56.3に

落ち込みました。

サービス業景況指数も53.9に下落し、シカゴPMIも58.9に下落

しています。これらは依然として拡大期の数字を示している

もののピーク時からは失速しています。

非製造業景況指数の失速は、新規受注(55.1,-5.4)の下落と

ビジネスアクティ(55.9,-4.9)が下落したことが要因となっています。

また雇用指数ml(53.6,-2.2)で4月以来の低水準に

下落しています。また納入出荷(51.0,-1.5)は、景気総合指数の

悪化の要因となっています。

雇用とグローバル経済は堅調のようだが

しかしながら、欧州の経済成長は引き続き堅調です。

中国のCaitin製造業PMIも堅調です。銅や鉄鋼相場も上昇基調を維持し

中国の経済成長は不均衡ながらも、直近は問題となっていない

ようです。

7月の米雇用統計もとても良い内容でした。とりわけ経済は完全雇用

状態で、7月の雇用者数は20万9千人増加しています。

この増加数は全体に行き渡っており、失業率も4.3%に下落しています。

労働市場の流入は支えとなっていて、将来の生産性にも貢献する

との見方で株価も上昇しています。

週の失業者申請件数も引き続き低く、これも支えとなっています。

景況指数は先行指数である

直近の主な不安としては、当社の経済見通しがすでに

リスクアセットの価格に反映してしまっているかどうかです。

現在の究極的に低い株価のボラティリティーや株価収益率

は、不安の源泉となっています。

結論としては、景況指数が失速し始めているなか

インフレなき経済成長が今後も持続すると考えるのは

危険だと思います。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報