FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

現在のユーロドル先物が逆イールドカーブなったことで今後の予想は?

イールドカーブのフラットニングが進んでいたなか

長期エンドの金利に投資家の全注目が集まっていました。

そして、金融危機以来、今回はじめてユーロドル先物金利カーブ

が2020年に利上げの可能性よりも利下げの可能性が

高いことを示唆する逆イールドに転じています。

ユーロドル金利先物の逆イールドが意味すること

ユーロドル金利先物2019年12月と2020年12月の間の

スプレッドは、今週初めてゼロ水準を下回りました。

そのことは短期金利をみているトレーダーたちは、

来年以降、中央銀行が利上げをするとは思っていない

ことを意味しています。そして実際には、2020年には

金利引き下げの可能性がより高いことを示しています。

このスプレッドがマイナス領域に入ったときは、

投資家が米国経済の拡大、ひいてはFRBの金利引き上げ

終わると予想し、今まで形成していた、利上げトレンド

の終焉を意味します。

 

今後のユーロドル先物の予想は

この逆転したユーロドル先物は、最新の経済予測とは

対照的となっています。多くのFRBの当局者は2020年に

1回か2回の利上げを予想しています。FRBの予想と実際の

市場の乖離がこれほどひろがったことは今までありません。

市場の見方と政策当局者の見方のどっちが正しいか?

引き続きFRBが利上げを示唆し、次のFOMCでも利上げ

の確率は相当高いです。しかし、長期エンドのところは

あたかも景気後退のサイクルがやってきたのごとくの

水準です。

そしてとうとう、ユーロドル先物金利では、利上げのペース

どころか利上げを示唆する価格となっています。

この予想の相違は、生産性の向上がさらなる成長をもたらすか

どうかについて、FRBと市場では違っていることに要因が

ありそうです。

どうも市場は、先の不安定さ、特にトランプ大統領という

誰もコントロールできない今まで経験したことがない

タイプのアメリカ大統領に対して、根強いリスクを

先取りしているように見えます。

たとえば、どんどんエスカレートしている、貿易戦争は

世界経済を脅かすどころか、景気後退に導く爆弾となりえる

という事実をユーロドル先物は先取りしているようです。

トランプ大統領の様子から判断するに、リスクオフの傾向

が強まることを想定したほうがよさそうです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報