FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

現在のポンドドル長期チャートは「ハードブレグジット」を示唆しているのか?

英国の欧州連合(EU)離脱が「ハードブレグジット(合意なき離脱)」

になる場合に備え、どの企業も準備を始めているようです。

米系大手金融機関ではこれまでに3億-4億ドルを費やしたと

いわれています。

イギリスのメイ首相のEUとの交渉は11月に期限を迎えようとしています。

いまのところ、北アイルランドの国境問題でEUとの合意が近づいたと

先日報道されていましたが、実際はまだお互いの思惑とは距離が

あるようです。

そこで、今回は純粋にデイリーGBPUSDチャートから、今後のブレグジット

について、そして今後のポンドドルの見通しについて

考えてみたいと思います。

現在のGBPUSDチャートが示唆していることは

こちら↓が現在のGBPUSDのデイリーチャートです。

gbpusd

見てわかるように、デイリーのチャートだと

ポンドドルは二番底をすでに形成していることが

わかります。そして、現在は二番底をつくったあと

上昇局面にはいっています。ただポンドの上値も

今年の動きとして上値が抑えられており、レンジを

形成していることもわかります。

そこで、長期のウィークリーチャートを見てみたい

と思います。

gbpusd

週ベースのチャートからもっと長い期間のポンドドル

のチャートを見てみると、今年は6月に高値を付けたあと

ダウンチャンネルに入っていることがわかります。

現在はいったん下値をつけた後、調整気味に戻していることが

わかります。ポンドドルは6月までの上昇トレンドと6月以降の

下降トレンドと極端な動きとなっていますが、テクニカル分析で

大事なのは、直近のトレンドを見ることが大事です。

それを考えると、ポンドドルは、まだ下降トレンドをまだ含んで

いる可能性があるといったほうがいいと思います。

チャートはハードブレグジットを示唆しているのか?

↑にも述べたように、チャート分析からは、やはりハードブレグジット

の可能性があるように見えます。

ウィークリーチャートからみると、6月からは、ハードブレグジットを懸念してか

ダウンチャンネルが続いています。

そして、現在は一時的な小休止状態のなかにあると思われます。

この調整期間が終われば、またあらたなトレンド形成がおこる

可能性が高いと思います。

この調整期間と現在英国とEUが交渉しているタイムリミットと

ある程度一致しているのではないかと思います。

この秋の交渉で決着がつかない場合、メイ首相は、二度目の国民投票

を否定していることから、結果的にハードブレグジットに進んでいく

可能性が高いと思います。

まとめ

英国は来年3月にEUを離脱しますが、合意なき離脱となれば

規則や規制、市場構造などが離脱時点では固まっていないことに

なります。ブレグジットに関しては不透明感があるものの、ポンドドル

はまだハードブレグジットを織り込んでいないように思われます。

デイリーチャートが示しているように、今年の8月からは、下値も

試しましたが、同時にポンドの底堅さも示しています。

いわゆる典型的な調整相場が続いていますが、この調整相場

が終わった後は、6月からダウントレンドが再開する可能性

が高いように、チャート上では示唆していると思います。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報