FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

物価連動債(TIPS)はなぜ今米国で注目されるのか?

物価連動債とはなにか?

物価連動債券は米国ではTIPSと呼ばれ

注目されている債券のひとつです。

物価連動債とは、物価上昇率(インフレ率)に応じて、

元本が調整される債券です。通常の固定利付債の場合、

元本とクーポン利率は固定であり、利払い額および償還額は

変動しないため、物価が上昇すれば、実質ベースでは

物価上昇分を割り引いた実質的な債券の価値は低下

するので、債券価格は下落します。

一方で物価連動国債は、インフレが上昇すれば、

元本が増えていくしくみなので、債券価格は上昇

していく仕組みです。

今、物価連動債が米国で注目される理由は

世界経済が勢いを増し、原油その他のコモディティ価格が

数年ぶりの高値を付けています。

そして、同時にインフレ期待が強まっていることから

有利になる米物価連動国債(TIPS)の人気が高まっている

のです。

何年も達成できなかった2%のインフレ率が、米国では

実現するかもしれないとの見方が広がってきていること

がこの物価連動債券上昇の背景となっています。

そうなればTIPSは今年、通常の米国債よりも高い

リターンをもたらすので、今までは、米国債を買っていた

投資家が、物価連動債のほうに注目を変えてきているのです。

一般的な世の中の見方は、世界同時景気拡大が起こっており、

インフレは上昇に向かっている」というのがコンセンサスと

なっています。

先月は、物価連動債に特化したファンドには4億6550万ドルの

資金が流入し、資産総額は過去最大の673億9000万ドルに

膨らんでいます。

インフレ上昇の見方の背景は

米国では税制改革法の成立により、少なくとも

短期的には設備投資や雇用が増えると見込まれており、

インフレ率が間もなく上昇し始める可能性があるとの

見方が圧倒的となっています。

また、ドル安傾向が進んでいるため、米国の輸入物価も

上昇圧力がかかります。

本当にインフレになるのか?

これらの要因はTIPSの支援材料ですが、米国では

失業率が17年ぶりの低水準に下がったにもかかわらず、

賃金の上昇が加速していないことが気がかりです。

本当に物価連動債券を買う雰囲気にはなっていないのも現実です、

TIPS買いに歯止めをかけているもう1つの要因が、年初来の

世界的な債券安の動きです、

通常の10年物米国債利回りと10年物TIPSの利回り格差

は、市場が期待しているインフレの指標とも言われていますが、

先週、昨年3月以来初めて2%を突破しました。

この格差は、今後10年間の投資家のインフレ予想を示す指標で、

原油などの上昇を背景に昨年6月の1.66%からじりじりと上昇して

きています。

しかしながら、2012年以来、米国のインフレ率は年初に

上向いた後、原油価格の季節的な下落を主因として息切れする

傾向があるため、インフレ上昇の持続性には懐疑的で、過去の

パターンを繰り返すのでは、といった見方も少数派ながら

あります。

まとめ 〜円高との関係は?

現在の市場は、金利上昇感が強まっていることは事実です。

インフレ予想が強まれば、金利上昇となり、同時に物価連動債

も上昇します。

しかし、不思議なのは、米国の金利があがっているにもかかわらず

ドル円は円高傾向となっています。

金利上昇による株式市場に対する不安が強まっていることが

その背景のひとつです。

株式市場があやしくなれば、低金利の円を借りて投資していた

ポジションの巻き戻しが起きてしまうのです。

ですから、殆どの投資家といってもいいほどの人たちが

ドルの買い持ちとなる投資が残っているなか、今後の市場は、

一筋縄でいかなくなり、自分を守る取引手段も備えておいた

ほうがよさそうな気がします。

 

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報