FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

次期FRB議長をめぐるレースはパウエル氏とウォーシュ氏との一騎打ち?パウエル氏の場合ドル円の影響は?

FRB議長の椅子をめぐって、トランプ大統領が

次の数週間で決定を下す最終コーナーにはいったようです。

各社(ブルムバーグ、Politico, WSJ)の直近のレポート

では、イエレン氏に代わるFRB議長の座の先頭を

走っている候補は、ウォーシュ氏、パウエル氏、コーン氏

の3名となっています。

パウエル氏とウォーシュ氏の違いは

4人の候補に焦点をあてると、ウォーシュ氏が最もタカ派で

ルールに依存しているFRB金融政策決定導入過程の変更を

示唆しています。ウォーシュ氏は、FRB資産をできるかぎり

小さくすることも指示しており、規制緩和を強く推しています。

一方、パウエル氏は、現体制での候補で、事をあら立てず、現状の

FEDのフレームワークに則ったスタンスをとると思われます。

コーン氏については、おそらくもう少しハト派よりであり

金融政策を財政改革を実行するための補助的役割と位置付けて

います。

パウエル氏の可能性は低い?

究極の目的は、強い経済成長とビジネスサイクルを持続させる

ことです。その点では、ウォーシュ氏とコーン氏が、正しい

金融と財政政策が経済の3%成長を生むと主張しており、強い

立場にあると思われます。しかしながら、ウォーシュ氏は、

金融政策については、よりタカ派的な立場であると見られて

いいます。一方、パウエル氏は現状維持派であると認識

されています。もしパウエル氏がFRB議長になった時は、イエレン氏

のときと変わらず、12月の利上げを示唆しています。

 

ドル円の影響は

パウエル氏がFRB議長になる可能性は低いと思いますが、

もしなった場合は、政治からは独立して経済指標次第の

現在の金融政策が維持されると思われます。

ドル円は12月の利上げ観測がくすぶっているなか

ドルはサポートされる展開が続くと思われます。

プロフィール


Yoshi

こんにちは、Yoshiと申します。
約20年に及ぶ外資系銀行でのトレード経験を活かして金融情報を独自の視点で発信しています。FX市場に携わって約20年経ちますが、現在は他の金融市場(株式、コモディティ、暗号通貨)の関連性を含めて独自目線で情報提供しています。
主な資格:
米国公認会計士合格(ワシントン州)
お仕事依頼などの連絡先:
問い合わせフォームをご利用ください。

FX口座・ツールランキング
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
GMOコイン
LIGHTFX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
FXレート

マーケット最新情報
FX NEWS
チャート