FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

楽観的な経済見通しが占有するなかで原油価格下落が影を落とす可能性は?

住宅の好調によって楽観的見方は続いている

5月のアメリカ中古住宅販売件数は前月比1%の上昇、また

新規住宅販売件数も上昇を示した。いっぽうで自動車販売

については、ピークを打っているよう見えるが、住宅関連

については、未だにピークを打っていないと見方が

コンセンサスです。住宅建設が5%改善していることは、自動車産業が

ピークを打っているとしても、十分に補える要素だと思われる。

アメリカにおいて金融引き締め政策は続きそうです。

それは引き続き適度に成長している住宅市場とも関連

しているようです。この環境下で問題となるのが、金融引き締めの

速度であるが、住宅関連ローン(サブプライム、MEW等)の

過熱が懸念となれば、利上げの速度を速める余地もでて

きます。

 

銀行規制緩和がサポートする見方

先週の連銀準備理事会のパウエル氏の発言注目

されています。

銀行規制が緩和されることによってどのような影響を

もたらすかFED注目に値する、と述べています。

これに注目するのは、ホワイトハウスの

財政支出政策と同時にすすんでいくとの。約20年間

停滞していた後、通過の流通が改善することは、リスクアセット

にとっても、また経済全体とってもとても重要なことです。

 

ユーロ圏の好調さも後押し

ユーロ圏のアニマルスピリットは、引き続き上昇しているようです。

フランス選挙結果は、改革を推し進めようとする気運を産み、

イタリアの選挙については、ポピュリズム勢力が減速して

います。イギリスの議会構成については、宙ずり議会についての懸念

はあるものの、よりソフトなEU離脱に傾きつつあります。

最新のPEWの調査によると、EU居住者の大多数はEUにとどまる

ことを望んでいるという調査結果が出て、ポピュリズムはヨーロッパ

大陸においてはおさまっているように見えます。

中国と原油価格の下落が懸念材料

今もし追加の懸念材料があるとするならば、それは中国でー

居住地の不動産価格は上昇を続け、企業は規制の取り締まりの

対象となっています。。中国国内株がMSCIインデックスに含まれた

ことは、地方自治体にとっては好材料なことであるが、いっぽうで

水面下では、さらに歪みが増幅しています。

その他の注目材料としては、下落基調が続いている原油価格が

あげられます。この原油価格の下落は主に供給過多によって

生じているようだが、エネルギー価格の下落は、採掘量の減少に

導くなど投資にとってネガティブとなります。アメリカの新規ビジネス

よる設備投資と米景気の好調さ継続が一般的な見方ですが

この下落している原油価格の動きには注意を払う必要が

ありそうです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報