FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

クリプトカレンシーマーケットの種類と特徴をもっともわかりやすく解説!

昨年から、仮想通貨ブームが到来し、誰もが浮かれる

市場となりましたが、今年に入り、コインチェックという

取引業者の問題が発生し、本当の意味で仮想通貨について

正しい理解が必要になってきています。

そこで、ここでは、クリプトカレンシーマーケット、

仮想通貨の種類と特徴について

取り扱っていきます。

 

クリプトカレンシーマーケット(仮想通貨)の変遷と特徴

ビットコインの分裂大騒ぎになって、従来のビットコインの

保有者には分裂直前のビットコインキャッシュの取引記録をもとに

ビットコインと同じ枚数のビットコインキャッシュが発行され、

併存して取引が続けられることになります。

元祖ビットコインの相場が2750ドル近辺で動いているのに対し、

ビットコインキャッシュは300ドル近辺で推移しています。仮想通貨の

ビットコインキャッシュは不安定な取引のなか約400ドルの高値から

242ドル付近に下落ました。

ビットコインの不安定さ露呈?

忘れてはならないのは、ビットコインはオープンソースソフトウェア

であり、理論上は誰でもオリジナルのビットコインコアから独自の

仮想通貨を作り出すことが可能だということです。

技術力のある団体が市場に揺さぶりをかけて、意図的にレートを操作

するような事態も起こりえます。

ビットコインの分裂はなぜ起きたのか?

近年の仮想通貨ブームにより取引量が急激に増加。

もはやシステムが対応できない

レベルに達してきており、関係者の間で対応策を

協議する事態となっていました。

ビットコインの開発者グループは、台帳のサイズを

変えずに書き込む文字を小さくして情報量を増やす

ソフトフォークという案を主張しました。しかし、

この案が採用されればマイナー業者の受け取る手数料が

減ってしまうため、マイナー業者側は当然反発しました。

台帳そのものを大きくする代替案を

主張することになりました。

多くの報酬を手に入れたいと画策するマイナー業者側と

少しでも手数料を減らしたいと企図するビットコイン側の対立が次第に鮮明化

しました。

結局解決策がまとまらず、世界最大の仮想通貨マイナー国

である中国の関係者がビットコインの分裂という強行策に

打って出ることになったのが分裂の背景です。

ビットコインキャッシュはメジャーになる?

ビットコインキャッシュは、相場が落ち着く水準によっては、

時価総額が数十億ドルに達し、瞬く間に有数の価値を持つ仮想通貨

になる可能性があります。

ビットコインキャッシュの誕生は、安く素早い取引に最適化された

通貨をユーザーに約束しています。これとは対照的に、ビットコイン

は取引スピードに制限があるにもかかわらず人気を拡大してきました。

この新しい仮想通貨がどれだけ成功するかは不明ですが、他にも仮想通貨

はいろいろあるだけに、どの程度の取引を生むのか不透明です。

ビットコインキャッシュの将来はビットコインからどれだけの

ユーザーを引き込めるかにかかっているようです。

今年のビットコイン狂騒曲のさなか、この仮想通貨を

批判する人も多くいます。一方で、支持する人々は価値がさらに

2倍余り上昇し得るともっともらしく説明しています。

ビットコインが暴落する2つの理由は

ビットコイン保有者にとっては残念なことに、上昇するという

理論は2つの意味で大きく間違っています。

ビットコイン擁護派は、取引コスト低減や決済期間短縮の

可能性に加え、プライバシーの保護、政府による価値切り下げ

の阻止という利点から、国際商取引における決済の少なくとも

一部がやがてビットコインで行われるようになると信じています。

ビットコインは2100万単位までしか供給されないため抜本的な

価値切り下げはあり得ず、たとえ国際商取引における

ビットコイン決済の割合がわずかでも、値上がりするはずだいう

理由から上昇を信じている人が多いです。

2016年の世界全体のマネーサプライは「M2」ベースで7約9000兆

で、仮にこの1%がビットコインで保有されれば、2100万単位で

割った1単位当たりの価値は約3万8000ドル。現在の1万8500ドル前後

の2倍余りといのがビットコイン擁護派の論拠ですが、間違って

いる点が2つあります。

1.ビットコインを支えるブロックチェーン技術には仲介業者を排して

市場取引をよりスムーズにする潜在性があるものの、今存在する

形のビットコインは通貨としてその期待に応えられていない点です。

ビットコインのネットワークが処理できる1秒当たりの取引件数

は限られ、取引の多さに圧倒されているのが現状です。これが決済の

遅れや高額の手数料につながっています。取引1件当たりの平均手数料は

現時点で28ドルとなっています。

2.ふたつ目の問題は、ビットコインの数は限られていても、競合する

仮想通貨を合わせた供給量に上限はないという点です。ビットコイン

の欠点のいくつかを解決するような競合通貨はすでに姿を現しつつあ

ります。「ビットコイン・キャッシュ」はその一例です。

これは、ビットコインに携わってきた人々のうち、より迅速な処理を

追求したがった一派が作り出したものです。別のアルゴリズムを

使った仮想通貨「ライトコイン」はマイニングがより簡単で、

必要なコンピューティング能力も比較的少ないです。

将来的には、国際商取引の一部がブロックチェーン技術を

使って決済される可能性もありますが、銀行や政府機関の

加盟する団体がそれを管理するようになるかもしれません。

銀行を介するかどうかが問題

 銀行を介さずに仮想通貨で決済できる余地が部分的に残る

可能性はあります。しかし現時点では、どの通貨が使われるように

なるかわからない状況です。

特定の仮想通貨に賭けることは、とりわけ初期に開発され、

欠点を抱えたものである場合、まだ投機的でリスクが高いというのが

ビットコインが暴落する論者の考え方です。

 

ライトコインの今後に注目!

 「ライトコイン」と呼ばれる仮想通貨は13日だけで

約60%も価格が上昇し、最高値の341ドル72セントにまで

上昇しています。ライトコインは12月初めには88ドル、

2017年初めには4ドル33セントで取引されていました。

ビットコインは年初来で1600%以上の上昇を見せていますが、

ライトコインは7000%の上昇をみせています。

約1万9000ドルで取引されているビットコインがもたらした

利益を目にし、投資家たちは似たような成果を期待できる仮想通貨を

探しています。

新規仮想通貨公開(ICO)と呼ばれる新たな資金調達方法も

ブームとなり、今年だけで調達額は既に40億ドルを突破しています。

その中でもライトコインは、ビットコインにはないいくつかの性質を

加え、送金のスピードや手数料の値下げを実現させています。

ライトコインは、長期間にわたって取引され十分な数のデベロッパーが

管理しているため、他の仮想通貨と比べると安定していると

見られています。

ライトコインの今後の価値占う重要なポイントは

 仮想通貨の時価総額は約6000億ドルで、そのうち3230億ドルを

ビットコインが占めるが、イーサリウム(710億ドル)、

リップル(290億ドル)、ビットコインキャッシュ(320億ドル)、

そしてライトコイン(176億ドル)というシェアになっています。

2017年以前はビットコインとイーサリウムのみ市場価値

が10億ドルを越えていましたが、今はその数が26種類まで

増えています。

要するに、2009年にサトシナカモトによって登場した

ビットコイン以来、そのソフトウエアがオープンソース型

のため、今や1000種類以上の他の仮想通貨が誕生しています。

その中でライトコインが有望なのは、利便性が優れている

ところと手数料が他と比べて安いところです。

しかし今後の将来性を占ううえで最も重要なことは、ビットコイン

以上にビジネスを取り込むことです。

ビットコインほどには、現在ビジネス上で普及しておらず、

アマゾンとか楽天といった、ところで決済が可能になると

将来性としては、ビットコインを上回る機能があるので

ビジネス上での決済可能がもっと増えれば、いちばん有望株の

アルトコインになる可能性があると思います。

 

時価総額第4位のリップルとは

最近時価総額第4位の仮想通貨リップルが非常に注目を

集めています。

リップル、仮想通貨なかでも最も注目されつつありますが

そ人気の理由に信頼せきる管理方法があります。

管理方法を間違えれば仮想通貨は盗難や紛失される恐れが

あります。

仮想通貨に必要なウォレットとは

銀行口座だったら、銀行に行けば作れます。証券口座だったら、

基本的には証券会社です。ということは、ビットコインを

扱う会社があって、そこに行けば口座を作れるのかという

疑問ぶち当たります。

回答としては、どこかの会社のホームページにアクセスして

ウォレットを作ることができますし、自分のパソコンに自由に

作ることもできます。

会社のホームページにアクセスしてウォレットを作るのはイメージ

しやすいですが、自分のパソコンに自由に作るというのは

イメージが難しいです。

銀行で口座番号にあたるものはビットコインアドレスと

呼ばれますが、これも自分で自由に設定することができます。

また、口座を特定するための桁数は27~34ありますので、一人で

いくつもアドレスを作ってOKです。

なぜリップルが優れているのか

そこでリップル管理方法、おすすめのウォレット等を

紹介していきたいと思います。

リップルとは本来、リップル社が開発した送金や決済の

システムのことを指し、一般的にリップルと呼ばれています。

リップルのウォレットにはweb上で管理するものとUSBの

ようなハードウェアに記録するもの2種類があります。

そのメリットとしては、

取引所に口座を開設するともらえるのとログインできれば

どこからでもアクセスできるところです。

そしてなんといってもリップルの特徴なの、あの

Googleが資本投資しているところが特徴です。

リップルコインの決済機能が優れている

リップルは従来の仮想通貨とはちがい、リップル料金を払えば

ドルや円、ユーロそしてビットコインにまで金銭の送受が

可能です。

リップルについてのまとめ

リップルはすでに世界中の金融機関と提携をむすんでいます。

そこでなんといってもリップルの送金システムの優位性が

あることです。

なんといっても、あのGoogleが出資していることと、殆ど

の金融機関が採用しようとしていることで、信用性と利便性は

群を抜いていると思われます。

 

アルトコインとは何なのか

ます仮想通貨ビットコインの激しい値動きが大きな注目を集めていますが、

ここにきてビットコインから派生したライトコインやビットコインキャッシュ

などに注目が集まっています。

そもそもアルトコインとはなに?

アルトコインとは、ビットコインの変種にあたる仮想通貨の総称です。

その背景には、ビットコインそのものの仕組みが深く関わっています。

サトシ・ナカモトとされるビットコイン考案者がビットコインを2009年に

リリースした際、オープンソース型のソフトウエア・プロジェクトとして

世間に公開ました。これはつまり誰でもビットコインのプログラムを再構築し

新たなバージョンとして世に送り出せることを意味します。

2018年有望なアルトコインは?

現時点では「イーサリアム」が最も人気の高いアルトコインです。

現時点で時価総額は600億ドルに達し、ビットコインの次に

大きくなっています。そしてそれに次ぐのが「リップル」と

「ライトコイン」です。ここ最近価格が一気に上昇したのは

ビットコインキャッシュで、1日で60%以上急騰しています。

コインベースが取り扱いを開始すると発表したことを受け、

ビットコインキャッシュの時価総額は約400億ドルになっています。

アルトコインはなぜ人気なのか?

この人気は将来性に賭けている側面が強いです。

ビットコインは成功こそしているものの、今後も仮想通貨市場を

独占し続けるとは限りません。この市場ではすべてが投機的である

のが現実です。

最も大きな違いは、ビットコインキャッシュの方が

1秒単位で処理できるトランザクションが多くなるようデザインされていることだろう。

これによって手数料もビットコインより安くなっています。

アルトコインのまとめ

アルトコインの行方を占うのに、そのデザインもさることながら

コミュニティの大きさが重要になってくると思います。

イーサリアムはアプリのホストとして使われるプラットフォームで、

非中央集権型の基本システムです。リップルは銀行間の支払いを

念頭にデザインされています。しかしながら

各アルトコインのデザインそのものよりも、それぞれのまわりに

形成されたコミュニティーこそが重要になってくると思います。

ビットコインは9年をかけて成長を続けてきたコミュニティーを

抱えています。そしてデベロッパーがいて、業界のほぼ全ての

ビジネスがビットコインを承認していることがビットコインが注目

されている大きなポイントだと思います。

したがって、アルトコインもビジネス取引に拡大していくのか

どうかが2018年有望なアルトコインを占ううえで重要なポイント

になってくると思います。

 

ここ最近毎日のようにとりあげられているビットコインを

中心とした仮想通貨、そしてそれに付随して技術的なワード

も頻繁に目にします。

しかし、このような仮想通貨に伴う技術的なワードは

わかっているようで、わからないものです。

ブロックチェーンとはなにか?

ブロックチェーンは価値のある革新的な技術です。

そしてビットコインなどで構成された仮想通貨は、パブリック

ブロックチェーンプロトコルを利用する手段となります。

これだとなんのこっちゃわからないですが、要するに、

ブロックチェーンネットワークを使うには、ビットコイン

などの手段が必要なわけです。

ということは、もし、パブリックブロックチェーンプロトコル

に価値があれば、市場参加者を通してトークンすなわち

仮想通貨の価値も上がるのです。

ブロックチェーンと仮想通貨の関係は

厳密にいえば、仮想通貨を通貨というのは、間違いです。

なぜならば、通貨として機能する仮想通貨はごく僅かだから

です。

仮想通貨というのは、ブロックチェーンプロトコルの価値

を前提としたデジタル資産であると考えるべきです。

ビットコインが誕生してからは、様々なデジタル資産が

誕生し、従来の通貨というよりも、価値貯蔵手段

として利用されるようになっています。

この仮想通貨ブームで生き残るためには、慎重に戦略を

練る必要があります。

仮想通貨はブロックチェーンの価値に比例する

仮にパブリックブロックチェーンの上にスマートコントラクト

を設計するとすると、そのブロックチェーン上にイーサリアム

という仮想通貨資金を所有しなくてはいけません。

そしてもしこのスマートコントラクトが実際に実行されれば

スマートコントラクトに特化したイーサリアムの価値は上昇して

いきます。

一般的需要と供給との関係は?

仮想通貨では、需要が増えれば供給も増やすといった

市場とは異なっています。

一定期間内で採掘できる仮想通貨は限られているからです。

採掘にはパワフルなコンピューターが必要となります。

ということは、ブロックチェーンとそのトークンの

需要が供給される速度を超える場合には、その価値は

上昇します。

またブロックチェーンの人気がませば、ネットワーク効果

が重なり、さらに価値は上昇します。

より多くの人々が利用することによって、ネットワークが

成長して、またより多くの人々が利用するという相乗効果

となるのです。

プロバイダーだけが、アクセス管理していたITバブルとは

違ってパブリックブロックチェーンを利用参加するためには

仮想通貨を所有するしかないのです。

ブロックチェーンのまとめ

仮想通貨の価値を見極めることで大事なことは、

まずは、プロトコルに価値があるのかどうか見極めることです。

そして、その仮想通貨は、ブロックチェーンプロトコルのスケーリング

にどう対処しているか見ることです。

そして最も大事なことは、その仮想通貨はトークンとして

意味をなしているかどうか見極めることです。具体的には

その供給が制限されて上昇につながるかどうかを見極めることが

仮想通貨の価値を見極める上で最も重要になってきます。

 

モネロ通貨とはなに?

モネロ採掘が、北朝鮮のハッカーの標的になっているとの

ニュースが流れています。

現在仮想通貨は、種々あるなかで、モネロの特徴、とくに

発行枚数はどうなのか?

また今後の見通しはどうなのか分析してみました。

モネロ仮想通貨の特徴と発行枚数は

モネロは、ビットコインのように公開式分散型情報管理

システムにより取引内容が第三者に知られることがありません。

そこがモネロの特徴と同時に、それが、北朝鮮のハッカーに

狙われる要因になったと思われます。

モネロは送金の痕跡が残らず、高い匿名性が実現しています。

それ故に、セキュリティ上でも安全性が守られていると

言われています。

同時にビットコインと違ってマイニングの難易度が低く、

個人パソコンでも容易にマイニングが可能であることが

特徴です。

モネロの発行枚数は

モネロは発行枚数上限が1840枚となっています。

モネロは当初4年間で採掘の85%を終了させるとしており

すでに3年がたっていることから、残りのマイニングには

限りがあると言われています。

モネロが高い匿名性を実現させているのは、CryptoNight

という、アルゴリズムが使われているために、匿名性を

高める、モネロ独自の ワンタイムリング署名というシステム

が使われていることがモネロの特徴です。

そして、モネロは、マイニング人口と取引量が少ないが故に

マイニングが比較的簡単であり、報酬をもらいやすいことが

特徴です。

モネロ仮想通貨の今後の見通しは

モネロの一番の特徴であ、匿名性と、マイニングが比較的

簡単であるというところが今後のモネロの見通しに影響

してくるとおもわれます。

モネロでマイニングをす場合、ビットコインのように高性能

で処理能力の速いPCは必要なく、家庭用PCの処理能力

でマイニング可能とされています。

そこが、北朝鮮のハッカーに狙われたポイントであり

モネロの特徴はストロングポイントとなる反面、ハッキング

狙われやすいという弱点もあります。

モネロは時価総額9位に位置しており

昨年一年で約30倍にもなっています。仮想通貨の時価総額

ランキングでも一時リップルを抜いて3位になっているほど

人気があります。

「AlphaBay」というダークマーケット連携を結んでいることも

上昇要因ですが、モネロの高い匿名性を特徴にしている

こと、すなわち安全性を重視している点がモネロの上昇に

貢献しています。

北朝鮮に狙われた影響は?

今回北朝鮮は、モネロを他人のPCからハッキングしようと

試みたようですが、モネロは、ビットコインをハッキング

するときの費用の1000倍はかかると言われており、

基本的に安全性を重視している投資家には人気のある

仮想通貨です。

モネロは発行数が少ないことから、価格変動がとくに

激しくなることが予想されます。

今回、北朝鮮にハッキングで狙われたことにより

市場がどこまで反応するのか見極める必要があると

思いますが、その要因がひとまず落ち着けば、基本的に

買い場探しをしていいと思っています。

 

イーサリアムとは何?

仮想通貨ブーム真っ只中ですが、どうしてもビットコイン

だけが仮想通貨の代表というイメージが根付いています。

しかし、ビットコインと同様な時価総額をほこる仮想通貨

もあります。それがイーサリアムです。

イーサリアムの今後が有望な理由

イーサリアムの特徴は、*スマートコントラスト技術を

利用しているところです。

スマートコントラストを動かす環境の土台がプラットフォーム

であり、プラットフォームとは、イーサ通貨をやり取りする

仕組みを自由にユーザーがプログラムできるシステムのこと

を言います。

イーサリアムは通貨というよりもプログラムにちかい、存在です。

そこが、イーサリアムが今後有望視されている理由です。

すなわち、通貨以外の様々な分野への応用も期待されているのが

イーサリアムなのです。

イーサリアムもビットコインと同じブロックチェーン技術を

利用しています。しかし、ビットコインよりさらに機能を

拡張させているのが特徴です。

イーサリアムとビットコインの違う点は

ビットコインはブロックチェーン上ですべての取引を

管理していますが、イーサリアムはスマートコントラスト

という技術を利用して、取引を行うと同時に契約内容まで

管理することができます。

ビットコインは、送金履歴しかブロックチェーンに書き込みませんが、

イーサリアムは、取引で行われた全ての契約内容が、ブロックチェーン

に書き込まれます。

イーサリアムは、非常に興味深いプロジェクトにイーサリアムの

インフラが使われているのです。

そこが、ビットコインと違うところです。

お金の受け渡しと重要な書類の受け渡しも同時に行えるのが、

イーサリアムがもっているスマートコントラストです。

世界中の誰もがいつでも内容を精査し、監査することができます。

ですから、将来的に公証役場がいらなくなるかも知れません。

このスマートコントラストの技術は、官庁などで個人情報の

管理でも使用される可能性があるのです。

また、ビットコインで利用されているブロックチェーンを

応用することで、本来の通貨としての目的とは別の機能を

持たせようという考え方がイーサリアムのプロジェクトです。

2018年のイーサリアムが期待される理由は

イーサリアムは上でも伝えたとおり、スマートコントラストを使い、

企業間取引や銀行、株取引を将来的に変えていく可能性があります。

イーサリアムの特徴であるスマートコントラストにより、

契約条件、備行内容、将来発生するプロセスなどをブロックチェーン上

に記録することが可能になります。

この機能を備えているイーサリアムは、ビットコインなど他の仮想通貨

が売られたとしても、このスマートコントラクトのコンセプトに

期待が集まり、今後行われるであろう中核をになうプロトコル

の変更が、大きな成功への道を開くとの期待でもって買い支えられる

可能性があります。

そして、イーサリアム企業連合といわれる、

イーサリアムのスマートコントラスト技術を企業レベルで

ビジネスに活用していくことを目指して、2017年の2月に

設立された機関もあることから、イーサリアムならではの

期待に買い支えらる可能性があります。

JPモルガンやマイクロソフト、インテル、などの金融機関を

はじめとした欧米の大手企業、約30社を中心にすでに

スタートさせているのが現実です。

そして、現在このEEA には150社以上が加盟しています。

イーサリアムのブロックチェーン技術は、ビットコインよりも、

さまざまな分野金融機関からヘルスケアまで多くの業界で使用

できるシステムであり、とても複雑な活動にも応用できると

期待されています。

イーサリアムが2018年期待される理由は、イーサリアムを利用した

ICOが非常に多いということが、イーサリアムのスゴいところです。

イーサリアムのまとめ

イーサリアムが期待がもてるところは

ビットコインと違って、通貨以外の役割をしている

ところです。

イーサリアムは、通貨の機能と同時にプログラム、

すなわち存在としてイーサリアム企業体ができています。

このことから、単なる仮想通貨というブームよりも

より根を張っているのがイーサリアムといえます。

イーサリアムは、ビットコインと同様に、GMOコイン

などで口座を開設することにより取引が可能になります。

今仮想通貨で最も支持を得ているのがGMOコインです↓

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報