FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

今週の注目点はメール問題と大統領選一色だが、Q3GDPの内容を振り返ってみると

週末のマーケットはコーミー長官の異例中の議会に

クリントン氏のメール問題再捜査を告げたことで

すべてが打ち消された格好となりましたが、肝心の

ファンダメンタルズはどうだったか振り返って

みたいと思います。

輸出の回復で予想よりもよかったGDPの内容とは

米商務省が28日発表した7-9月期のGDP速報値は

前期比年率換算2.9%増と、4-6月期の1.4%増から

大幅に加速し、2年ぶりの高い

成長率を記録しました。

成長率が加速した主因は輸出の増加と在庫の積み上げでした。

ただ個人消費は伸びがやや鈍化しています。

GDPの3分の2を占める個人消費は2.1%増となり、4-6月期の4.3%増から

伸びが鈍化しています。

一方で自動車や家電製品などの耐久財の消費は9%増と予想を上回りました。

輸出は10%増と、ここ3年近くで最も高い伸びを記録した。貿易はGDP成長率

を0.83ポイント押し上げた結果となっています。

民間在庫は0.61ポイントのプラス寄与となった。これまでは5四半期連続で

マイナスに寄与していました。

在庫の増減を除く実質最終需要は2.3%増となり、4-6月期の2.6%増から

ペースがやや減速しています。

企業の設備投資の尺度である非住宅固定投資は1.2%増で、4-6月期の1%増から

伸びが加速しています。

住宅投資は6.2%減と、2四半期連続で落ち込んでいます。

2014年半ばから今年の春までは成長のけん引役となっていましたが

ここにきて失速しています。

政府支出は0.5%増。連邦政府の支出が大幅に増加し、州政府・地方自治体

の減少分を打ち消した結果となっています。

 

GDPは12月利上げのコンセンサス整う内容

このGDPの結果から考えると、12月の利上げに問題ないという

コンセンサスがさらに確立されたといってもいいと思われます。

一方で大統領選挙の行方について不透明感がただよってきました。

 

今週はとにかく、FBIが再捜査をはじめたメール内容がどうなのか

このことに焦点が集中しそうです。

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報