FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

今回のECB理事会の決定は10月テーパリング開始ではなく緩和政策の続行だった

昨日のECB理事会で、量的緩和の終了とテーパリングが始まる

ことが発表されると思っていた参加者が多かったですが、

ECBはまだ、投資家を驚かせることを止めていなかった

ようです。

今回のECB理事会決定はテーパリングではない

今月の理事会では、資産買い入れの終了時期を手前に

引き寄せる一方で、早期利上げの可能性をさらに遠ざけ

ました。ECBは10月から、資産買い入れ規模を

月額150億ユーロと従来の半分に減らした上で、今年の

12月で新規買い入れを終了する方針を示しました。償還資金の

再投資は継続するとしています。この発表はある程度予想されて

いたところですが、実際に再投資をするということで、

テーパリングにはなりません。

参加者が驚いたポイントは

足元のユーロ圏統計の弱含みやイタリア政局混乱を巡る市場の

懸念を受けて、一部ではECBが量的緩和プログラムに関する

決定を7月まで先送りするとの見方も出ていました。

そして、市場が最も驚いたECBの決定内容は、ECBが

主要政策金利を現行水準のままで、すなわち、マイナス0.4%

のままで少なくとも2019年夏までは、そしておそらくそれ以降も、

据え置くと表明したことです。

 

これを受けてのユーロドルの見通しは

この発表を受けて、ユーロは当初、資産買い入れ縮小の発表直後

に急伸していましたが、一転して売られ、0.02ドル近く安い

1.163ドルに沈みました。結局ECBはハト派的金融政策を続ける

ことを市場にコミットしてしまいました。これは市場が先走ることを

阻止することである、つまり、投資家は当面、利上げ時期の

後ずれしか予想することしかできなくなります。

今回のECBの決定により、利上げを着々と進めるFRBとの

違いを際立たせることなりました。FRBとECBの金融政策

の開きは、今後もっと顕著になりそうです。

ユーロ圏の経済指標が軟調な時期を脱して持ち直しても、

ECBが政策を変更されないと参加者が思ってしまうと

ユーロを押し上げることは難しくなりそうです。

このユーロとドルの金融政策の違いだけをみれば

ユーロドルはしばらくは、売られやすい状況が続き

そうです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報