FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

中国の株式市場規制強化と緩和が急落のトリガーを引く?それでもユーロは二番底

中国の株式市場の参加者は大人から子供まで、そして借金をしてまでも株式市場へと
いう異常な過熱ぶりが顕著になっている状態でした。
そこに、突如として出てきた、中国当局による空売り容認と小口投資家への株式投資への
信用取引規制強化が発表されました。これに中国の株式市場は急落しています。↓
chinaHshare.png
中国証券業協会(CSRC)が資産運用会社に対し空売りのための貸し株を認めるとともに、
空売り対象の銘柄を拡大したことで、中国株先物が大幅に下落しました。
これを受け、欧州株が午前の取引で売り込まれたほか、米国株先物も大幅に下げています。
中国の動きに影響を受けやすい鉱業株がとりわけ下げています。
ギリシャのアテネ総合指数も3%下落し、週間ベースの下落率を6%近く下げています。
CSRCは小口投資家に対し、株式購入のため借金をしたり不動産を売却したりしないよう
に呼びかけ、相場の過熱を戒めた。
 さらにCSRCは、信用取引の資金源となっていた「アンブレラ型投資信託」の一部を禁止し、
証券取引所ではなく店頭市場で売買される高リスクの小型株について信用取引に上限を設定しています。
投資家の取引口座の分類を改善する必要があるとの見方も示し、小口投資家に許可する
取引の種類に制限を加える可能性もにおわせています。
一方で、上海と深セン証券取引所は、投資家が以前より容易に空売りできるルールを発表した。
株の空売りでは、投資家は株式を借りて売却するしくみです。価格が下がったところで買い戻せば、
利益が出る仕組み、ただ、中国市場ではこれまで実質的に株の借り入れが不可能だったため、
株価急騰にもかかわらず空売りが困難でした。今後は貸し出せる株式の供給を増やし、
借り入れ可能に銘柄を増やす方針のようです。
一方でCSRCは、今回の上昇相場のきっかけとなった香港取引所と上海証券取引所の株式注文相互取り次ぎに
ついて、限度額の引き上げを検討していることも明らかにしています。
先週は中国本土の小口投資家が香港株式市場に投資できないようにしている規則の緩和が検討されている
報道で香港市場が爆騰しましたが、これに冷や水をぶっかける結果となっています。
現在、本土の投資家がこの相互取り次ぎを利用して香港市場に投資するには、証券口座に
50万元(約960万円)以上入金しておく必要がありますが、この金額を引き上げることが検討
されているようです。
先週同時に爆騰していた、ドイツの株式市場も中国株式市場に急落とともに大きく下げて
います。
一方でユーロ相場はそれでも昨日は買戻しの展開となっており、昨日指摘した、短期的な二番底
のフォーメーションを形成している可能性も強くなっているようです。
キャンペーン中のFX業者↓











FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報