FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

世界経済ファンダメンタルズの見方が偏りすぎる状況は危険?

市場の一般的な経済ファンダメンタルズの見方は

引き続き低インフレと世界的な経済成長が続いている

ということです。

そして、FEDは今月のFOMCで利上げを決定する可能性が

高く、またバランスシートの縮小についても

近いうちに発表されようとしています。

ECBは量的緩和からの出口論を始めようとしています。

日銀は、労働市場がタイトになりつつあることに

直面しつつあります。

 

ファンダメンタルズ申し分ない?

 

それぞれの月で14の経済部門マクロに焦点

をあてると、消費支出、雇用、そして資本支出は

5月も上昇し、指数化した景気動向指数は+10

となっています。これは、今まで最も高い内容

です。そして、これは、景気が最もちょうどいい

状況を示しているといのが市場の見方です。

PMIについて、ピークから下回ったものありますが、

それは、コントロール可能な範囲であるというのが

コンセンサスです。

 

5月の雇用統計は、よくもなく悪くもない結果でした。

雇用者数は138000人でしたが、先月の数字が

−66000人下方修正されました。

一方で失業率は、4.3%に低下、労働参加率は−0.2%

下落し62.7%に、また広義のU6失業率も完全雇用状態

に近い8.4%に下落しています。

 

5月のベージュブックによると、ほとんどの地区の

連邦準備銀行は、4月の初旬から、適度なペースで

順調に拡大しているとレポートしています。

一方でインフレについては、前月と変わらず、インフレ

圧力もなく、4月のコアPCE指数は、前年比1.5%と

よくもなく悪くもない適度な上昇でした。

米国の住宅ローンの需要は、不動産の累積需要が引き続き高い

なかで、また個人も住宅に対しての需要が高まっている

状況でなかで、好調さを維持しています。

 

政治的リスクを軽視している?

 

政治的なリスクは依然としてあります。選挙を控えてイタリアの

債券は売られました。北朝鮮の問題も引き続き予測し難い

状況です。最近ロンドンで起きている様々なテロについても

影を落としてきました。6月8日は政治的にとても重要な

日で、前FBI長官の証言、イギリスの総選挙、ECB理事会

と重要なイベントが重なります。

オイル価格の低調な動きは依然とてリスクです。信用不安が

ない中で低調な動きが続いています。サウジアラムコのIPO

も注意を払う必要がありそうです。

市場は偏ったファンダメンタルズ重視

政治的懸念よりも、ファンダメンタルズのよさが依然として

焦点があてられ、適度なインフレ状況のなか好調な現在の

基調が継続すると見ている投資家が現在多いようです。

ドル円相場も、このファンダメンタルズの見方から

ドル買いポジションが累積しているように見えますが、

果たして大丈夫なのでしょうか?

現在の市場は、政治的リスクを軽視している要素

もあり、こういう時こそ、為替では円高に大きくふれる

ことにも注意が必要であると思います。

 

 

 

 

 

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報