FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

リブラ仮想通貨購入方法と問題点そしてリップルとの違いは?

仮想通貨にフェイスブックが参入するというビッグニュース

が飛び込んできました。

フェイスブックは1年以上、仮想通貨の研究を続けてきた

ようですが、とうとう「リブラ(Libra)」という仮想通貨を発表

しました。リブラには、マスターカード、ビザ、ペイパルなどの

決済大手、さらにウーバー、スポティファイなどのテック大手が参加

しています。

しかし、ここで気になるのが既存のビットコインなどの仮想通貨と

リブラとの違いです。そこで今回はフェイスブックが開発した

リブラと既存の仮想通貨との違いと特徴について述べてみたい

と思います。

リブラの特徴は

フェイスブックはリブラを開発した目的は、世界中の銀行口座を

持たない17億の人々に、安価に利用できる金融サービスを提供すること

です。

フェイスブックは、ユーザーが仮想通貨を扱うためのデジタルウォレットを

提供する子会社「カリブラ(Calibra)」、および独立した非営利組織として

「リブラ・アソシエーション(Libra Association)」を設立しています。

フェイスブックはそれぞれ1000万ドルを出資しています。

ということでフェイスブックは直接的には仮想通貨リブラに関わっていない

としています。

リブラの特徴は、リブラを保存しておくデジタルウォレットは、

Messenger、WhatsApp、アプリの「カリブラ(Calibra)」 で

使うことができます。カリブラはApp Store、もしくはGoogle Play store

からダウンロードできるようになるそうです。

特徴1 政府が発行するIDが必要

リブラは2020年にスタートする予定ですが、セットアップには

政府が発行するIDが必要となるようです。

そして、リブラはドル、ユーロ、あるいはポンドなどと同じ価値を

持つものであり、人々にとって受け入れやすいものになることを

意味します。

しかしながら、そこには矛盾があります。フェイスブックが世界中の

銀行口座を持たない17億人にリブラを利用してもらいたいと考えている

からです。にもかかわらず口座開設に必要な書類を求めるというのは

ある意味矛盾しています。そこで今後の課題はその書類どのように

最小限にできるかです。

特徴2.リブラの購入可能なもの

現時点では、フェイスブックはリブラでの個人間送金を考えている

ようです。

リブラは個人間送金だけに留まらず、カリブラのウェブサイトによると、

「ピア・ツー・ピアの支払い、および小規模な事業主がリブラでの

支払いを受け付けるために使えるQRコードなどの支払い手段をサポート」

する予定のようです。

その後はレジやカードリーダとの統合など、他の多くの店頭支払い手段を

提供する予定のようです。

リブラへの換金については、スーパーやコンビニエンスストアのような実店舗でも

デジタルウォレットに入金できます。

リブラの問題点は

確かに、フェイスブックによる個人情報の取扱いだけでなく、世界で20億人を

超えるユーザーによる利用の可能性も含めて、リブラだからこそ議論すべき点が

あることは否定できません。

なぜリブラが拒否されるのかといえば、それはフェイスブックがバック

にいるからです。しかし、リブラ代表者が米議会公聴会で語ったように、

仮にリブラ導入が阻止されても、また別の主体が同様の仕組みを

導入する可能性はあります。

問題点として容易に想像できるのは、新興国で最初に導入される

可能性があります。なぜかといえば、金融システムが未発達で銀行取引

にアクセスできない人が多いからです。そういう人たちにとってみれば

既存の金融システムからの移行コストが相対的に小さいこともあり、

スマートフォンと通信網だけで金融システムを高度化して得れる

仮想通貨というのは魅力的にうつってしまいます。

主要国の当局は、国際通貨基金(IMF)などと歩調を合わせて

国際的な資金決済ネットワークから排除すると警告すれば、新興国による導入を

阻止できると考えるかもしれないですが、取引金額を小口に限定したり、

有効な本人確認の仕組みを整備したりすることによって

可能になる可能性があります。

複数の新興国が、先進国の国際通貨に対抗すべく新たな決済システムの

構築を試みることも想定できます。

そして大きな問題点はマネーロンダリングです。

新興国での仮想通貨はマネーロンダリングの温床

になりやすくくなります。

リブラの購入方法は

日本でもリブラが購入できる可能性が浮上しています。

その可能性というのが、国内仮想通貨取引所であるコインチェックを

運営するマネックスグループがリブラ協会への参加を

予定しているからです。しかし、これは確定している

話ではありません。これを実現するためには

いくつものハードルを超えないと実現しません。

現在のところでは、これが日本人の方がリブラを購入するため

いちばんの近道のようです。

という意味でコインチェックは要チェックだと思います。

止められない新興国での新システムの流れ

仮想通貨に対して、規制を強めても、新たな「通貨」となりうる仕組み

が先進国以外でうねりのように起こる可能性があります。

そのときは、最低限順守すべき

原則を導入するとともに、新興国政府やそうした取り組みを

企画している当事者と密接なコミュニケーションが重要に

なると思います。

新たな「通貨」の試みはあくまでも既存の金融規制や監督の下に置く

ことを前提とした考え方です。

そうした規制や監督の前提にあるのは、部分準備に基づく預金通貨の発行者である

銀行のリスクテイクをベースとして、既存の通貨の価値を担保する

ことが前提となっています。

リブラは仮想通貨のなかでも別次元の流動性をもっており

リブラのように100%準備の裏付けがある通貨のこころみに対して

既存の金融システムを守り概念よりも運営主体による不正ないし

不適切な行為の防止が重要視されなければいけません。

リブラとリップルとの違いは

 

大きな違いはリブラはビットコインと比べて価格変動

に合いにくいということです。

その理由はドルやユーロあるいは国債などのはーどカレンシーと

価値がリンクしているからです。

マーク・ザッカーバーグ氏はリブラの発表の後、リブラの開始までに出資企業を

100社集めたいと記しています。理論的にはグーグル、ツイッターといった

ライバル企業にも門戸は開かれています。

「ユーザーがカリブラにシェアしたいかなる情報も、フェイスブックに

シェアした情報とは別に保存される」とザッカーバーグ氏は言っています。

カリブラのウェブサイトにも、カリブラのサインアップにはフェイスブックや

WhatsAppのアカウントは必要ないと記されています。

ビットコインとの根本的な違いは、フェイスブックは否定している

ものの、27億人のフェイスブックのユーザーが背後にあると

いうことです。フェイスブックは、フェイスブックを利用している企業が

リブラを採用し、リブラを使う消費者にものを売ることを望んでいるようです。

もし、これがセールスを促進するなら、リブラは企業のフェイスブックへの

広告出稿を促進するものになります。

ただ気になるのが、フェイスブックに対してしての情報管理について

不信感をもっている政府が、フェイスブック主導の仮想通貨を

許可するのかどうか、ここには大きな壁があるようです。

まとめ

フェイスブックは、リブラの開発に使用した新しいプログラミング言語「Move」を

オープンソース化しています。つまり、開発者はリブラの技術を使って新しいアプリを

開発できるようになります。ということは、リブラはまだ開発過程であり

まだ変化していく可能性があるようです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報