FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

ライトコインとビットコインとの違いは?ライトコインの将来性は!

ビットコインの急騰を受けて他の仮想通貨への関心が高まっています。

価格も上昇しており、一度あることは二度あると思っている投資家

がこぞって参入しているようです。

ライトコインとビットコインの違いは!

 中でも「ライトコイン」と呼ばれる仮想通貨は13日だけで

約60%も価格が上昇し、最高値の341ドル72セントにまで

上昇しています。ライトコインは12月初めには88ドル、

2017年初めには4ドル33セントで取引されていました。

ビットコインは年初来で1600%以上の上昇を見せていますが、

ライトコインは7000%の上昇をみせています。

約1万9000ドルで取引されているビットコインがもたらした

利益を目にし、投資家たちは似たような成果を期待できる仮想通貨を

探しています。

新規仮想通貨公開(ICO)と呼ばれる新たな資金調達方法も

ブームとなり、今年だけで調達額は既に40億ドルを突破しています。

その中でもライトコインは、ビットコインにはないいくつかの性質を

加え、送金のスピードや手数料の値下げを実現させています。

ライトコインは、長期間にわたって取引され十分な数のデベロッパーが

管理しているため、他の仮想通貨と比べると安定していると

見られています。

ライトコインの今後の将来性は!

 仮想通貨の時価総額は約6000億ドルで、そのうち3230億ドルを

ビットコインが占めるが、イーサリウム(710億ドル)、

リップル(290億ドル)、ビットコインキャッシュ(320億ドル)、

そしてライトコイン(176億ドル)というシェアになっています。

2017年以前はビットコインとイーサリウムのみ市場価値

が10億ドルを越えていましたが、今はその数が26種類まで

増えています。

まとめ

要するに、2009年にサトシナカモトによって登場した

ビットコイン以来、そのソフトウエアがオープンソース型

のため、今や1000種類以上の他の仮想通貨が誕生しています。

その中でライトコインが有望なのは、利便性が優れている

ところと手数料が他と比べて安いところです。

しかし今後の将来性を占ううえで最も重要なことは、ビットコイン

以上にビジネスを取り込むことです。

ビットコインほどには、現在ビジネス上で普及しておらず、

アマゾンとか楽天といった、ところで決済が可能になると

将来性としては、ビットコインを上回る機能があるので

ビジネス上での決済可能がもっと増えれば、いちばん有望株の

アルトコインになる可能性があると思います。

 

今仮想通貨取引で最も支持されているのがGMOコイン↓です。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報