FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

ユーガブやサーベーションの世論調査は12月イギリス総選挙にどんな傾向を示しているのか?

イギリスの総選挙が為替市場でも焦点となっています。

12月12日に実施されるイギリス総選挙は、ジョンソン

保守党政権の今後の行方を占うだけでなく、ブレグジットの

行方を占ううえでもとても重要な選挙です。

そこで気になるのが、選挙に向けての世論調査ですが

その代表ともいえるユーガブの世論調査をはじめ選挙に

向けてのトレンドがでているのか?気になるところです。

そこで今回は各政党への支持率の傾向について世論調査

の状況をベースに分析してみました。

最近の各世論調査の状況は

↑の各世論調査の結果をみると保守党が4%から17%リード

しています。

そこで問題となるのが、ユーガブの世論調査が正しいのかそれとも

サーベーションの調査が正しいのかという問題です。これらの

世論調査の一部は的外れになる可能性があります。実際に

メイ首相のときも辛うじて勝利に引っかかった記憶があります。

メイ首相の時の総選挙で見失っていたこと

それは、総選挙直前の傾向です。

ほとんどの世論調査は保守党の勝利を示唆していましたが

選挙直前のトレンドは明らかに労働党が猛追していました。

前回のメイ首相の総選挙の時、もし総選挙の日が1週間遅ければ

おそらく保守党は敗北していただろうし、もし総選挙日が1週間

早ければ、おそらくメイ首相はDUPの助けを借りる必要は

なかったと思われます。

ここ最近の保守党支持の傾向は

これはここ最近の保守党に対する各社の世論調査傾向

ですが、どれもだいたい右肩上がりです。

保守党への支持は34%から41%のレンジで6社が

上昇傾向を示唆しています。

一方で労働党への支持は、ほとんどが停滞しており、

直近で労働党への支持は21%から29%です。

ここ6か月を平均すると保守党が労働党を平均して

13ポイントリードしています。

これは労働党に地滑り的に勝利する数字といってもいいかも

しれません。

ブレグジットに対する世論調査は?

このグラフをみるとEU残留を支持している人々のほうが

ブレグジットよりも確実に多いことがわかります。

しかしながら世論調査結果は労働党がリードしているという

矛盾もおきています。

結論

これらの世論調査結果からいえることは、人々は労働党の

コービンに対しては拒否反応を示しているということです。

コービンへの拒否反応のほうがブレグジットよりも

大きいということがこの調査でわかります。

この調査でわかることは、ロンドンのビジネスマンは

労働党のコービンよりも保守党のジョンソン氏を支持

していることがわかります。

ただ前回のメイ首相の選挙の時のように情勢は刻々と

変わる可能性があります。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報