FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

ベルファスト(グッドフライデー)合意と今後のブレグジット協定とポンド円の見通しは!?

英国が国内で採用しようとしている「国内市場法案」と

ブレグジット条件を主張するEUとの間で、対立が

おきています。

EUは1日、英国がEU離脱協定を一部無効にすることを可能にする

「国内市場法案」を巡り法的措置を開始しているのです。

EUの執行機関である欧州委員会のフォンデアライエン委員長は、

同法案を巡りEUが離脱協定の条項にのっとり英国に正式通知の

書簡を送ったと表明しています。そこで、9月末までに

国内市場法案の問題部分を撤回するよう求めてきましたが、

英国はこれを無視したかたちで期限がきてしまいました。

この問題の根源となっているのは、北アイルランド問題です。

そして、そこにあるのは、ベルファスト条約というものです。

そこで今回は、ベルファスト条約と今後のブレグジットの

行方について調べてみたいと思います。

ベルファスト合意とはなに?

これは、イギリス政府とアイルランド共和国政府の間で結ばれた

北アイルランドの和平合意です。1998年4月10日に北アイルランドの

ベルファストで合意されました。合意日が聖金曜日(グッド・フライデー)

であったため、グッドフライデー合意とよばれることもあります。

この合意により、アイルランド共和国は国民投票により北アイルランドの

領有権を放棄し、イギリスは1920年のアイルランド統治法を廃止しました。

この合意によって、1960年代以降、約30年にわたってプロテスタント系と

カトリック系の住民が繰り返してきた武力紛争に和平をもたらす

ことができました。この合意は、ノーベル平和賞にもつながったことでも

有名です。ベルファスト合意は、(1)イギリス政府とアイルランド共和国政府は

北アイルランドの領有権を主張しない、(2)北アイルランド住民の過半数の合意なしに、

北アイルランドの地位変更は行わない、(3)将来において、北アイルランドの帰属は

北アイルランド住民の意志に委ねられる、(4)それまで北アイルランドは自治政府の下

に置く、などについて合意しています。

北アイルランドでは住民の71%、アイルランド共和国では94%が

合意内容に賛成投票し、北アイルランド自治政府が設置されました。

Vector highly detailed political map of The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland with regions and their capitals. All elements are separated in editable layers clearly labeled. EPS 10

英国の「国内市場法案」がEU離脱協定に反する理由は

英政府は、国内市場法案でアイルランド国境問題など離脱協定の

条項を変更する「根拠を明確に示した」と表明し主張したことが

EU側からすれば、EU離脱協定を無視した内容であると反発して

いるのです。英国サイドは、英国内市場の整合性を守るための

法的セーフティネットの構築が必要だと主張していますが、

EU側は、英国が離脱協定を骨抜きにしようとする限り、通商分野などで

合意できないと強調しています。バルニエ首席交渉官は

EUと英国の長い交渉の結果を英国が無視しようとしているとして、

合意なきブレグジットが現実のものとなろうとしています。こうなると

英国はEUとの貿易関税について、恩恵をうけれなくなる可能性が

高いことになります。また、バルニエ首席交渉官は、合意なきEU離脱が

北アイルランド紛争を終結させるため結ばれたベルファスト合意(グッドフライデー合意)

を守る唯一の方法だと強硬な姿勢をとっています。

 

今後のEU離脱協定の見通しは

英国は、このEUからの書簡に1カ月以内に返答する必要があります。

欧州委は、英国からの返答を検討し、満足できる内容なら英国に

協定の順守を要求し、満足できなければ欧州司法裁判所に提訴する

見通しです。英側に多額の罰金が科せられる可能性もありますが

これも長い年月がかかることが予想されます。

EUと英国は通商分野など将来の関係を巡る公式協議を

9月28日から行っていますが、このままだと、合意なきブレグジット

が現実のものとなりそうです。

ポンド円の見通しは

新型コロナのパンデミック後のポンド円相場は

徐々にポンドがきりあがっていく展開が続いて

いましたが、9月くらいからこの上昇トレンドも

下抜けしたフォーメーションとなっています。

              (チャート:楽天証券)

↑のチャートは、ブレグジットからの約5年にわたるチャートですが

今後の焦点としては、国民投票でブレグジットが決まった以降の底値である

120円台前半がキープされるかどうかです。

ポンド円の長期のトレンドは、長きにわたり下降トレンドで、ここ5年間

は調整的なボックスのの動きに終始していたと言えます。

しかしながら、このボックスの動きに終止符が打たれるとするならば

やはり、ポンド円の下値ブレイクのリスクが高いと思われます。

まとめ

EU離脱協定と北アイルランドの問題は英国とEUとの

間でどうしても解決できないポイントとなっています。

英国は「国内市場法案」を国内で通過させることによって

実質、EUとの間で合意したEU離脱協定を骨抜きにしよう

としていますが、これにEUが反発、すでに解答期間が

9月末で過ぎているだけに、今後合意なきブレグジットが

現実のものとなりそうです。そうなると、ポンドの動きは

やはり、長期のトレンドどおり、下値に抜けていく可能性が

高いと思われます。

 

 

プロフィール


Yoshi

こんにちは、Yoshiと申します。
約20年に及ぶ外資系銀行でのトレード経験を活かして金融情報を独自の視点で発信しています。

FX口座・ツールランキング
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
GMOコイン
LIGHTFX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
FXレート

マーケット最新情報
FX NEWS
チャート