FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

ブロックチェーンとは?仕組みと論理について仮想通貨以外の活用法を解説!

ブロックチェーンという言葉をよく耳にするように

なりました。

ブロックチェーンは、「仮想通貨」を実現するために

開発された仕組みですが、その可能性は仮想通貨だけに

留まっていないようです。

では、ブロックチェーンとはどのような仕組みなのでしょうか。

調べてみたいと思います。

ブロックチェーンとはなに?

ブロックチェーンとは、ごく大雑把にいえば

「分散型台帳技術」のことを指します。

一般的な情報システムは、アプリケーションと

データベースをそれぞれに保有していますが、

ブロックチェーンではデータベースの一部(台帳)

を共通化し共有することを前提としたシステムが連携

しています。

わかりやすく言えば、もしあなたが銀行に貯金した場合

に、そのデータはその銀行のサーバー内だけで保管されます。

そして、そのデータは、その銀行にしか見ることができ

ません。

通常その台帳は銀行のサーバー「だけ」に保管され、

一部の関係者のみしか参照することがありません。

ところがブロックチェーンでは複数のサーバーに「台帳」

を保管し「中心」のないネットワークを構成することで、

インターネットに接続しアカウントさえ発行されていれば、

誰でもその台帳情報を使うことができるのです。

銀行は預金の残高を記録しますが、ブロックチェーンでは、

取り引きの履歴がサービスの誕生からすべて記録されます。

残高を知りたいときは、取り引きの履歴を追えば

いいことになります。

ブロックチェーンの仕組みと論理は

ブロックチェーンは自律分散システムであるため、

どこかのサーバーや回線に異常が生じても、問題なく

運用を続けることが可能です。

もし、ひとつのブロックを改ざんしようとすると、

その前後のブロックも改ざんしないと整合性がとれなく

なります。暗号化されたブロックを改ざんすることは

不可能に近い話で膨大な計算が必要になります。

そして、計算が終了する前に、そのほかのブロックを

記録しているサーバーが改ざんに気づくことで、安全性を

担保しています。

 

仮想通貨以外で活用できる分野は

ブロックチェーンは商品の流通経路でも活用できる

ことができます。

たとえばアメリカのスーパー「ウォルマート」では、

豚肉の流通経路とパッケージ商品の流通経路を

ブロックチェーンに記録するテストが行われています。

これによりどこで誰が生産し、どういう経路で

店頭に並べられているかがトレースすることが

できるのです。

日本では、栽培に使われた農薬や土壌の質などを

ブロックチェーンに書き込むことで品質を保証すると

いう試みを行っています。

このように、ブロックチェーンは様々な分野での

活用に可能性をもち、ビジネスが画期的に変わる

可能性があります。

フィンテックへの活用法は?

ブロックチェーンと合わせて、フィンテックという

ワードも注目されています。

フィンテックは金融機関で勧められています。

ここ数年で急激にIT技術により効率化を押し進めている

金融機関ですが、Fintechを支えている技術が

ブロックチェーンです。

取り引きの履歴をまとめたものが「ブロック」で、ブロックは

前後のブロックと関連付けられています。

そしてこのブロックが繋がっていることが

チェーンなのです。

また、契約文書や証憑などの真正性の証明にも

ブロックチェーンは有効です。情報が1カ所・1社だけに

集約されず共同でその証明が行われるため、証券や登記簿など、

移転するたびに記録が必要になる分野でも活用が期待されます。

このように、ブロックチェーンは、ビジネスの効率化

とともに、形態を画期的に変える可能性があるのです。

さらに、ライフログの記録としても、改ざんができない

ブロックチェーンは有効です。運転の記録をブロックチェーンを

使って残しておけば、万一の事故の際に、有力な証拠と

することができるようになります。

ブロックチェーンの将来は

「価値」を移動することが可能なブロックチェーンで

あれば、新しいコンテンツビジネスを実現することも

可能です。たとえば、電子書籍を紙の書籍のように「貸し借り」

することも、ブロックチェーンであれば可能になります。

仮想通貨から生まれたブロックチェーン技術ですが、

このように数多く分野での利用が期待されています。

日本でもブロックチェーンを利用したシステムが開発され、

サービスが提供され始めています。

まとめ

ブロックチェーンとは、トランザクションがチェーンとなって

サーバーを共有するシステムと言っていいと思います。

ようするに、今まだで、ひとつのアプリケショーンに

対してひつとのサーバーで管理されていた世界が、

ブロックチェーンは、取引履歴が数珠つなぎのようにつながり

それを共有できる仕組みです。しかも安全性の面でも

ブロックを改ざんすることは不可能に近く、そして

仮に改ざんされたとして、チェーンによって整合性

がとれなくなるため、暗号化されたブロックチェーン

共有されているとはいえ、安全な仕組みをもっている

いえます。今までは一対一の関係であった、取引所有書

とデータ管理者の関係が、ブロックチェーンによって

一対マルチの関係が安全性を担保されたなかで確立する

ことができ、このことはいろんな分野で活用できる画期的

なテクノロジーだと思います。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報