FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

ビットコインの価値はドルや金と比べて高すぎるのか?欠点はあるのか?

今話題の中心になっているのがビットコインです。

ビットコインは一見すると優れたアイデアのように見えます。

なぜかといえば、国境がなく、政府には管理できず、インターネット上で

秘密の取引ができるデジタル通貨のように見えるからです。

しかし、ビットコイン自体には、そういった表面的な意味合いとは

反して欠点があります。

 

ビットコインはドル比べて本当の価値とは

国際的なデジタル通貨として受け入れられるかどうかでビットコインの

価値が決まるのなら、ますますゼロであるという意見もあります。

構造的な問題というごく単純な理由によって、ビットコインが

ドルに置き換わることはあり得ないという意見があります。

ビットコインは取引処理能力がどうしようもなく低いくせに電力消費量は

途方もなく大きいため、一般的な通貨の代用として全く適していない

との意見が多いのです。

通貨と比べてインフレ圧力に晒されない

インフレ圧力にさらされている政府発行通貨と、価値の下がらない

ビットコインがあり、そのどちらを使うか選べるとすれば、

誰もがビットコインを選ぶと思います。

当初は1ビットコイン当たりの価値が1セントにも満たなかったが、

今なら4000万ドルに相当しています。それでも利用者がいなければ、

ビットコインは通貨としての地位を絶対に確立できません。

ビットコインの価値を正当化できる理由の1つは、違法薬物の取引や

資本規制の回避に非常に便利という「限定的な通貨」としての機能で、

もう1つは、政府発行通貨の実質価値が目減りした場合でも価値を維持する

保険、すなわちデジタルコードとしての機能です。

ビットコインの本質と欠点は 

、ビットコインはその発行上限(2100万枚)のおかげで一定の価値を

持っているとの意見があります。

犯罪者といえども取引はビットコイン建てでなくドル建てで価格を決め、

直ちにドルをビットコインに転換します。全ての薬物取引がインターネット上

で行われ、ビットコインの流通速度は一般的な通貨と同じで、違法薬物取引

の年間市場規模が1200億ドルと仮定されます。薬物取引の規模が増え、

ビットコインが使われずにため込む動きが拡大すれば、ビットコイン

の価値は上昇します。

ビットコインの取引目的は現金のマネーロンダリング(資金洗浄)の方が

よっぽどコストが大きいので、そのために使われるというリスクもあります。

 

投機によってビットコインの価値が高まっている?

「ビットコイン ...」の画像検索結果

 それに基づけば、4000ドルという最近の価格は投機による押し上げが大半

という可能性が高いという意見があります。

ビットコイン信奉者に対する訴求力がより高いのは、デジタル・ゴールド

としての機能かもしれません。こうした向きは通貨を違法な活動と切り離

したいと考えていることがベースとなっています。

金は住宅ローンの支払いや食料の購入には向かないが、保険としての

機能は優れています。ある国の通貨が無価値になっても金の価値はほぼ

変わらないと信じられています。

 ハイパーインフレで通貨が無価値になっても、金は食料や住居との

物々交換がまだできたという例は過去あります。

金は価値のあるものだ人が認めています。たったそれだけの理由で、

電子機器や宝石としての用途だけでは説明しきれないほど高い価値が

金に付いています。

ビットコインの課題は

ビットコインがその地位を確立するには、ネットワーク効果

が必要となります。注目を集めればそれだけ地位を確立できる

可能性も高まります。

ビットコインが安全な資産として社会全体に認知されるには、IT信奉者や

投機筋以外からも支持を取り付ける必要がある。

ビットコインが金に置き換わる存在になるかを判断する上で、

材料となるのがETFです。ETFの裏付け資産となっている金は

2155トンに達しています。これが全てビットコインに置き換わった場合、

現在流通しているビットコイン1700万枚の価格は1ビットコイン当たり

5500ドル程度が妥当となる試算もあります。

 もしビットコインが金貨やゴールドバーに代わる存在になるならば、

過去半世紀に投資用に購入された2万4000トンがビットコインに置き

換わったと考えると、1ビットコイン当たりの価格は6万1000ドルが

妥当な水準となります。

ビットコインが金にすべて取って代わると仮定して、この選択肢しかない

場合、金ETFに基づく価格5500ドル程度の70%というこの水準からは、

ビットコインが金ETFに取って代わる確率が70%で、実物の金に取って代わる

確率が6%であることを示しているということができます。

 

まとめ

ビットコインがドル通貨や金と比べて価値がどうなのか

という問いは、今後のビットコイン利便性と法的に守られるのか

という2つのポイントが大きいようです。

金とって変わる、安全資産としてビットコインの認識が高まる

のであれば、ビットコインはまだまだ需要が高まる可能性

がありますが、現状のデジタル整備のもとでは、まだまだ課題

が大きすぎて、ビットコインにビットするにはリスクが高すぎる

といってもよさそうです。

 

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報