FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

バブルではない!ビットコイン採掘が儲かる仕組みをわかりやすく!

ビットコインへの熱が冷め止まずに、今では、バブルでは

ないかという懸念も出てきています。

そこで、今回はビットコインの仕組みについて、ビットコインが

儲かる仕組みについて述べたいとおもいます。

ビットコイン採掘が儲かる仕組みとは

ビットコインは『発行責任者がいない』のです。

そしてここが一番重要なのですが、電子マネーは

『現金の対価』となりますが、ビットコインは『ネットワーク上で

ゼロから生み出された通貨』なのです。

ビットコインを金で例えるとわかりやすいです。

例えば現在地球上に限られた数しか存在しない『金』があります。

これは地球上に一定量しか存在しないもので、それ以上手に

入れようと思っても物理的に不可能なのです。

ビットコインも同じで2100万枚という限られた数以上は

この世に存在しないので、その決められた枚数で使って

いかなければなりません。地球上に一定量しかない金は、

欲しい人が多ければ多いほど価値が高まります。それと同様に、

ビットコインを使いたいと考える人が増えれば増えるほど

価値が高まるというわけです。ビットコインに対する需要が

将来にわたって高まるとの予想が占有している中では、

ビットコイン価格が上昇儲かる仕組みとなっていのです。

仮想通貨バブルという言葉がありますが、これはビットコイン

が便利だから使いたいと感じる人が増えてきているため、

上限の決まっているビットコインの価値が上がり続けて儲かる

という仕組みなのです。

日本でもビックカメラがビットコイン決済を導入しました。

今後はアマゾンや楽天などでもビットコイン決済を導入する

ビットコインの貨幣としての流通性も高まっていることが

ビットコイン価格がバブルといわれる反面、まだまだ天井知らず

の勢いを失っていない背景です。

どうしてビットコインに慎重なのか?

ビットコインの場合も、発行枚数は2100万枚まで、と数が制限されています。

つまり希少性は金もビットコインも同じだということです。

それなのに何故、多くの人は金は信用するにもかかわらずビットコインは信用しないのか。

それは、ビットコインに実態が無いからだと思います。

金の場合、目の前に物として存在しているので、皆安心します。

ただ、ビットコインは目に見えず、画面上の数字でしか見ることが

できないので皆信用出来ないのでしょう。

ただ、わたしは、実態があるかないかは、余り重要ではないと

思います。

どちらも、希少であるという点においては変わりません。

ちょっとでも興味がある人は、とりあえず少額からでも

始めて見るのがいいと思います。

実際に仮想通貨を買って送金してみたりすることで

仮想通貨の便利さもわかると思います。

ビットコインに税金はかかるの?

基本的にビットコインはモノとして扱われるため、

ウォレットに入れておけばただのモノ扱いになります。

考え方としては金と同じですね。金を貸金庫に入れて

保存しておくように、ビットコインもウォレット内に

入れておけばただのモノです。

しかし一つだけ問題があります。それは『ビットコインを

金融機関で出金をしたら税金が必要になる』ということです。

現在日本の仮想通貨の取引所は法律によって登録制となっている

ため、金融庁が金融機関を通したビットコインをチェック

することになっています。

そのためこの場合には税金を支払う必要が出てきますので

注意する必要があります。

今後コインチェックなどでビットコインの取引をする人もいる

でしょう。その場合には『譲渡所得』が必要となります。

例えばビットコインを購入して価値が上がった時に売却をした場合、

譲渡所得となります。

基本的に譲渡所得は50万円を超えない限り税金を納める必要は

ありませんが、もし51万円以上稼いでしまった場合には、

50万円以上から税金が発生しますので注意が必要です。

 

ビットコインの仕組み「採掘」とは

ビットコインに人気が集まる理由の一つに『採掘』作業があります。

『採掘』というのは、新たなビットコインを得るために、

膨大な計算を行って回答を求める作業です。

ビットコインを『採掘』するのは、誰にでもできることです。

無料で配布されている『発掘プログラム』をコンピュータに

インストールして、起動するだけ。後は、コンピュータが延々、

金脈を見つけるまで計算し続けます。

しかし、今のように世界中の人が興味を持ち、しかも、

1ビットコインが高騰している状態では、パソコンショップで

売っているようなコンピュータでは勝てなくなりました。

ビットコイン採掘専用のコンピュータまで開発されるようになり、

何十万、何百万とするような高性能コンピュータで挑んでいます。

さらに言えば、高性能のコンピュータの消費電力は何百ワットにもなり、

発熱量も大きくなるのでエアコンで部屋を冷やさないと

コンピュータは熱暴走して止まってしまいます。

これだけお金をかけて得られるビットコインは、

高値で取引されると言っても、元をとるのはだんだん

難しくなっています。

このような流れを見ると、『採掘』で儲けを考えるなら、

ビットコインではなくビットコインに換金できる

仮想通貨を『採掘』するのが現実的です。

実際のビットコイン採掘とは、ビットコイン・ネットワーク

の検証作業”proof of work”を手伝うことで、専用のソフトウェアを動かして

マイニングを行います。 ネット上ではよく、「パソコンを起動し、

ほっとけば自動的にビットコインがもらえる」とか

「不労所得」など、インカムゲイン的な説明が多いですが、

実際にはそう簡単な作業ではありません。

まとめ

ポイントは、ビットコインの発行量は2100万枚と制限されている

ことです。

仮にマイニングが半永久的に続くとしたら、世の中に新しい

ビットコインが生み出され続けることになるため、ビットコイン

の量がどんどん増えていきます。

しかしビットコインには上限が決まっており、上限発行枚数は

『2100万枚』となります。これ以上は採掘ができないため、

2100万枚以上は採掘ができなくなります。

マイニングによって、このビットコインの上限枚数が全て市場

に出るのは『2040年』と言われています。

従って、政府が発行する通貨のように、発行量が無制限となり

あのジンバブエで起きたような、ハイパーインフレによる

通貨の価値がなくなるといった悲劇に会うことはないです。たとえ

円やドルであっても、将来的には、今もそうであるように

国債の垂れ流し、通貨価値に信用がなくなることだって

将来あり得ます。

そう考えると、ビットコインというのは、国境がない

暗号通貨として、将来のニーズに合うものとして、

上昇傾向が止まらないのかもしれません。

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報