FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

バックストップ案はメイ首相のブレグジットどう反映された?今後のポンドドルの見通しは?

先日突如として、EUとメイ首相の間で、EU離脱案で

合意に辿りついたとの報道がありました。

メイ首相は、昨日閣議でEU離脱案が閣議で了承を得て、

議会投票への道筋を開いたと発表しました。

通常では、これによって、英国の来年3月29日のEU離脱

の道筋が開いたと解釈されるはずですが、市場はいまのところ

冷静のようです。なぜならば、重要な2つの問題がまだ残って

いるからです。それは、この案は閣僚の統一した支持を得ていない

こと、この案は最終的な同意ではないということです。

すなわち、ずっと懸念事項となっているバックストップ案が

EU離脱強硬派の意志を反映していないのです。

曖昧なままのメイ首相合意案

ブレグジットは、国民投票が発表されてから、

ブレグジットに対する支持と、そしてブレグジットに

何を伴うべきかの議論について、ずっと意見の相違に

悩まさてきました。

とくに北アイルランド国境問題がネックとなり、袋小路に

はいったままです。共通の認識が欠如している状態は、

労働党や他の政党にも及んでおり、英国の交渉上の立場や

政府合意が議会で成立するかどうか予測することが

困難になっています。

バックストップ案は合意案に含まれたか?

今回の合意案では、英国がEUの関税同盟に留まる

ことによって、北アイルランドのバックストップ

すなわち、北アイルランドとアイルランドの国境に

関税機関が設けられることを回避することが

含まれるいるようです。しかし、そのバックストップ期間

すなわち、英国がいつまで関税同盟に留まっているのか

不明なままです。そして英国はバックストップ期間中は

他の三国との貿易協議を禁止される条項が入っているよう

です。

それでも閣僚辞任が止まらないメイ政権

この24時間で閣僚の辞任が相次いでいます。

注目に値するのは、ラーブEU離脱担当大臣が

この合意案には致命的な欠如があると言及して辞任

しました。そして、リーズモッグEU離脱推進派議員によって、

不信任が提出されたことによって、メイ首相は、

合意案に対する激しい反対の矢面に立ち、また首相に

とどまることにも反対の矢面にたつことが予想されます。

この合意案に反対している人たちの立場は、

英国はEUの規律を遵守し、財政的にも

貢献しなければならないということに反対して

いるのです。

この合意内容は、英国民に約束したことを破り、

英国の崇高さをも脅かし、不確定な状況につながる

と、合意案に反対している議員の主張となって

います。

今後のポンドドルの見通しは

こうした混乱が意味していることは、メイ首相が

合意した案は、12月に開催されるEU理事会までに、

英国とEUとの間で合意書に署名する目的に

近づいていないことを示唆しています。

最も考えられるシナリオは、ブレグジットの期限が

来年3月以降に延長されることです。

EUは、もし英国で、議会による合意案の否決あるいは、

メイ首相が辞任に追い込まれる首相交代があるならば、

EU離脱期限の延長も可能であるとの立場をとっています。

EUと英国の両国は、合意に達することができないことを

想定して、緊急時対応プランを作成していますが、実際は

機能していないのが実情です。合意なき離脱は、結果離脱後

混沌とした状況になるとおもわれます。

gbpusd

そして、市場はれいせいのようです。ポンドが上昇していた

のは、EUとメイ首相の合意が発表される前の1週間で

実際に発表された以降は、冷静にみているようです。

実際に閣僚の辞任が相次ぐなか、最終的に議会で可決

されるのか、の疑問に懐疑的な見方が多いようです。

実際にココ数日間のポンドドルの動きは、合意された

との報道以降、大きく下落しています。

ポンドドルは、年末にかけて、メイ政権の動向をみながら

の動きとなると思いますが、上値が重い展開になると

思います。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報