FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

ドル円は乱高下の末米国第二四半期GDPでさらに下落、今後のFXマーケット動向は?

昨日は日銀に焦点のあたった日でしたが、海外に移っては結局

ドル円は下落して引けました。

ETF購入の6兆円は予想されていたなかでも最低限との評価で

結局はドル円は失望売り的な展開をしましたが、その後は持ち直す

展開、そして海外にはいって米国Q2のGDPに反応する結果となりました。

 

GDPは予想よりは悪かったものの内容は?

usgdpq2

米商務省が29日発表した統計によると、4-6月期の実質国内総生産速報値は

前期比年率換算1.2%増加した。エコノミスト予想の2.6%増を大幅に下回る

結果となりました。

1-3月期のGDPも、従来発表の1.1%増から0.8%増へ下方修正されています。

成長率が2%を下回るのは3四半期連続となります。7年前に景気後退から抜け出した

後も、以前の景気回復期の様な勢いを取り戻せずにいます。

同時に発表された年次の見直しにより、2015年のGDPは前年比2.6%増となりました。

年間の成長率としては06年以来の高水準です。

4-6月期は、GDPの3分の2を占める個人消費が前期比年率換算4.2%増という

14年終盤以来の高い伸びを記録しました。

一方、企業の設備投資の尺度である非住宅固定投資は2.2%減少しました。

落ち込みは3四半期連続となります。

企業は在庫も大幅に削減している様子で、民間在庫はGDP成長率を1.16ポイント

押し下げています。マイナス寄与は5四半期連続で、2年ぶりの大幅な下押しとなっています。

住宅投資は14年初めから一貫して成長のけん引役を果たしていましたが、今回は6.1%減に

転じています。純輸出はGDP成長率を0.23ポイント押し上げています。

政府支出は0.9%減。とりわけ連邦政府の国防費縮小が響いています。

 

やはり米国の利上げは遠のいた?

内容をみると個人消費は引き続き好調なものの、設備投資を筆頭として

上向いていないことが読み取れます。

この結果から、9月の利上げというのは遠のいたのかもしれません。

日銀も期待外れ、米国経済も期待外れとなると、ドル円の下降トレンド

はまだ終わっていないような感じです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報