FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

トランプ氏の劣勢はどこまでFXマーケットに織り込まれているのか?

トランプ氏が民主党の対立候補ヒラリー・クリントン氏に勝つためには、

最近の世論調査ではクリントン氏に後れを取っているようです。

トランプ氏が大統領選で勝つためには、オハイオ、フロリダ、ペンシルベニア、

ノースカロライナの主要激戦州を総なめにする必要があります。

民主党と共和党の勢力図も逆転?

「トランプ氏 劣...」の画像検索結果

トランプ、クリントンの両陣営とも、これら4州が

大統領選の焦点になると見ているようです。

現状クリントン氏は、民主党寄りの州が増加していることもあり、これらの州の

うちの1つでも取れば勝利を手にできる情勢です。

トランプ氏が選挙人の過半数である270人を確保し、

勝利するのは極めて難しくなっているとの見方が優勢のようで、

12年の大統領選と比べると、共和党と民主党の勢力図は変わり、民主党が

はるかに優位になっているようです。

マーケットは大統領選挙をどこまで織り込んでいるのか

いまのところ、市場は夏枯れ相場的な閑散な状態が続いており

大統領選挙の行方については、まだ十分に織り込んでいないようです。

どちらかといえば、選挙までまだ時間があるということで、この秋にむけて

不透明材料として受け止められており、株式市場を中心に高値警戒感の強い

ようです。

ドル円も100円割れ寸前で神経質な膠着状態に陥っており、トランプ氏の劣勢

状態についてはあまり材料視されてないようです。

どちらかといえば、今年のBrexitに見られたように、直前までなにが起こるか

分からないというのが今回の大統領選挙の見方がまだ優勢のようです。

冷静にみれば、トランプ氏の大統領の芽はほぼなくなっているのが、現状で

とくにドル円に関していえば、ここからはドル高に動く余地のほうが多く残されて

いると思います。

プロフィール


Yoshi

こんにちは、Yoshiと申します。
約20年に及ぶ外資系銀行でのトレード経験を活かして金融情報を独自の視点で発信しています。FX市場に携わって約20年経ちますが、現在は他の金融市場(株式、コモディティ、暗号通貨)の関連性を含めて独自目線で情報提供しています。
主な資格:
米国公認会計士合格(ワシントン州)
お仕事依頼などの連絡先:
問い合わせフォームをご利用ください。

FX口座・ツールランキング
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
GMOコイン
LIGHTFX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
FXレート

マーケット最新情報
FX NEWS
チャート