FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

ダウ・ジョーンズ好配当株式指数とETF(DVY)が今S&P500をアウトパフォームする背景は!

現在、米国でパフォーマンスのよいETFのひとつ

にセレクト・ディビデンドETFがあげられます。

これは、米国株式の有配銘柄ETFですが、なぜ

これが好調なのか?どうも米国債券利回りの動き

と関係がありそうです。

ダウ・ジョーンズ好配当株式指数とはなに?

これは、米国株式市場のなかで、好配当銘柄を集積

させたインデックスです。

好配当銘柄というのは、基本的には業績が好調なのですが

この好配当銘柄というのは、常に配当を重要視している

銘柄です。これらの銘柄を集めたインデックスに

ダウ・ジョーンズUSセレクト・ディビデンド・インデックスという

のがあり、これが現在米国株式の全体指数を上回っている

状況なのです。

セレクト・ディビデンドETFが好調な理由は

現在アメリカの株価が好調な背景には、米国債券利回りの低下

が一要因として起因していると思います。

1992年以降、10年債利回りが低下した局面では、

ダウ・ジョーンズUSセレクト・ディビデンド・インデックスが

S&P500指数をアウトパフォームしています。

上場投資信託(ETF)であるiシェアーズ・セレクト・ディビデンド

ETF(DVY)は同指数に連動しています。

10年国債利回りが過去1年の平均を下回りさらに

低下傾向にある局面で、有配銘柄のアウトパフォーマンスが

最高となる傾向になりますが、現在はその流れに

はまっているようです。現状bの同ETFの利回りは、

3.26%で、現在の米国債券の利回りを優に上回っています。

まとめ

現在の流れは、パウエルFRB議長が、利上げ政策に

急ブレーキをかけたことから始まりますが、そのきっかけ

はトランプ大統領です。来年の大統領選挙にむけて

さらに株価を意識したFRBの金融政策が続くと見る

のが妥当だとおもわれ、ここで、好配当銘柄で

また比較的業績のよい銘柄を集積したETFに人気

が集まるのも納得です。

現状、米国んぼ景気拡大がストップしてしまうとの

懸念もあり、逆イールドカーブも浸透してきていますが

投資家はやはり高い利回りを追求してくる傾向に

あるので、好配当銘柄に着目したDVYは引き続き

好調さを維持することが予想されます。

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報