FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

ソレイマニ司令官(イラン革命防衛隊コッズ部隊)の殺害で2020年前半ユーロ円の急落が注目?

年明けに市場を揺るがせる大きなニュースが飛び込んで

きました。

米国防総省は、イラクの首都バグダッドの空港でイラン革命防衛隊の精鋭

「コッズ部隊」のソレイマニ司令官らを乗せた車列を空爆し、

同司令官を殺害したと発表しました。

このニュースを受けて市場が揺らいでいます。

ソレイマニ司令官(イラン革命防衛隊コッズ部隊)の殺害の詳細は

複数の米当局者によると、ソレイマニ司令官はバグダッドで無人機

による攻撃で殺害された。イラン革命防衛隊は、米国のヘリコプターから

攻撃を受けたとしています。

この事件は、大統領の指示により、米軍は海外に

駐留する米職員を守るため、ソレイマニ司令官を殺害することで

断固とした防衛措置を講じたと表明しました。

イランによる将来の攻撃計画を抑止することが狙いと説明

しています。

イラン最高指導者ハメネイ師の反応は

イランの国営テレビは、最高指導者ハメネイ師の

声明を発表しています。この中でハメネイ師は、

ソレイマニ司令官を殺害した「犯罪者」には厳しい報復が

待っており、米国とイスラエルに対する抵抗の機運が倍増する

と警告しています。

これは、米国とイランの間で深刻な事態に陥ることを

示唆しています。

イランとアメリカの衝突の経緯は

イランとアメリカの衝突は昨年の年末からエスカレートして

いました。先ずは昨年9月にもテロ組織に指定している

イラン革命防衛隊とイスラム教シーア派の武装組織ヒズボラに対し、

イラン中央銀行が数十億ドル規模の資金供与を行ってきたことを理由と

して史上最高とする制裁を科していた経緯があります。

そして12月27日にイスラム教シーア派組織“カタイブ・ヒズボラ”

がイラクのキルクークにおいて米国民間人と米軍に対しロケット弾で攻撃し

米国の民間人1名が死亡しました。

そして12月29日には、その報復として米国がイラクとシリアのヒズボラの

拠点に空爆を実施しました。

そして12月31日から1月1日にかけてイラクの米大使館前で

攻撃しています。

そして1月3日に米国はイランの英雄、ソレイマニ司令官を

殺害したと発表しました。

核問題に伴って米国はイランにプレッシャーをかけ続けていましたが、

この事件は、ついにトリガーを引いてしまった感があります。

これは、すでに戦争状態に陥ったということです。

イランの大幹部を殺害してしまったということは宣戦布告と変わらない

ことです。

今後のイランとアメリカの衝突はどうなる?

これまでイランのロウハニ大統領は米国との対立を避ける路線

を示唆していましたが、これで後には引けなくなった可能性

が高いです。年末からハメネイ最高指導者は米国への批判を強め、

ソレイマニ司令官が殺害されたことを受けて、報復を宣言しています。

これは、宣戦布告として受けとめていることを意味します。

イラン革命防衛隊もソレイマニ司令官の死亡を確認する声明を出し

ていることで、イランが支援する民兵組織を統括するイラクの

「人民動員隊」の報道官は、民兵組織幹部の

アブ・マハディ・アル・ムハンディス氏も空爆で死亡したと明らかに

しています。2人の死亡について米国とイスラエルに責任がある

として報復を示唆し非難しています。

イラクの民兵組織は、バグダッド国際空港に3発のロケット弾が撃ち込まれ、

民兵組織の5人と2人のゲストが死亡したと明らかにしていることから

もはやこれは一方的に戦線布告されたことを宣言し、米国はトリガー

を引いてしまったことを意味すると思われます。

イランと米国の関係を巡っては昨年末、米国がイラクのイスラム教シーア派武装組織

の拠点数カ所を空爆したことに反発して、バグダッドの米国大使館をデモ隊が

襲撃するなど、緊張が高まっていましたが、このソレイマニ司令官の殺害は

イランにとってはもうあとには引けない大事件と認識することに

なる可能性が高いです。

このニュースに最も反応したのがユーロ円相場

当然市場はこのこと重大さに反応しています。

為替ではドル高、円高に反応しています。

これは有事のドル買いの動きと、避難通貨としての円買い

が起こったことによるものだと思います。

                (チャート:楽天証券)

ユーロ円は昨年の12月に1か月かけて上昇した幅を年明け

のこの2日間でその値幅分の下落となっています。

現状は移動平均線がサポートラインの役割を果たしていますが

このイランと米国の間で深刻な戦争状態に入ると一番影響

を受けるのがユーロではないかと言われています。

それは、ユーロ圏とイランとのビジネスの関係の親密さに

影響があり、今後深刻な事態に陥った場合は、円が逃避先の

対象となる可能性が高いと思われます。

まとめ

2020年年明け早々に深刻なニュースが飛び込んだ

と思います。イラン最高指導者ハメネイ師は米国との

武力的な衝突は避けようとのスタンスでしたが、それは

もしそうなった場合中東のみならず、世界に及ぼす影響

の深刻さを考えていたからだと思われます。しかしながら

今回の米国による攻撃は、最終トリガーを引いてしまった

可能性があり、中東ではイスラエル対イランの全面戦争に

なる可能性が高まっています。これによるオイル価格

そして、世界株価に与える影響など注視する必要が、でてきた

可能性が高いと思われます。

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
LIGHTFX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
マーケット最新情報