FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

ゴールドマンサックスが市場見通しで楽観視している理由は

ゴールドマンサックスは、顧客むけにに以下のような

株式市場の見通しについてのレポートを出しました。

株式市場の調整を恐れるに足らず

ゴールドマンサックスのクライアントは、

株式の大きな下落の可能性についての

質問をいつもしてくる。

結局のところ、s&p500が5%の下落を経験してから

14ヶ月が経ち、10%の本格的な調整をしてから

19ヶ月が経っている。

しかしながら、ゴールドマンサックスは、恐れる

ことはなく、引き続き、株式市場が拡大していく

重要なファクターが依然として機能していると

主張しています。

 

上昇し続ける理由とは

ひとつ目は、投資家が市場に過熱していないことです。

歴史的には、過信が、上昇マーケット

を弱くし、急激な下落へとつながっていました。

ミューチュアルファンドが、歴史的平均水準である、

3.2%のキャッシュポジションをもっていると、ゴールドマン

は見ています。もし市場が過信し、加熱しているのであれば、

このキャッシュポジションはもっと低くなっているはずだと

ゴールドマンサックスは主張しています。

 

米国株式市場は過熱していない

「現在の投資家は、懐疑的と楽観的な見方の両方に

挟まれている」とゴールドマンのストラテジストは

顧客向けのレポートで語っています。

「ほとんど有頂天になっている感はない。なぜなら27%

のコアマネージャーが彼らのベンチマークを下回って

いるからです。「苦悩を伴った上昇というのが、投資家心理

に見合っている」と語っています。

 

堅調なアメリカ経済は続いている

2つ目の要因として、株式市場はアメリカの堅調な経済成長

にそって動いている、とゴールドマンは主張しています。

ゴールドマンは、とくに強い月間の雇用増加、賃金増加、そして信頼感

指数は、2001年以来最も高い水準にあり、また家計のバランスシート

は1980年以来で最もよい状況になっているとみています。

さらに米国企業の売上も収益も2018年にさらに増収が期待され、

一方で、企業は、彼らが自社株買いをすすめていることから

わかるように、彼らは自分たちの株がオーバーバリューである

とは思っていない。とゴールドマンは主張しています。

結局のところ、投資家は、9年の間株式の上昇基調を続けた

ように、これらのポジティブな要素を賢く念頭におくでしょう。

古い時代の上昇失速について心配するよりも、トレーダーは

現実のファンダメンタルズの良さに注目をおくべきである

と主張しています。

 

まとめ

ゴールドマンサックスの主張のポイントは、市場に

過熱感がないことと、アメリカの家計をふくめた

ファンダメンタルズが良いというポイントです。

ドル円市場も今週に入りドル高にふれていますが、

地政学リスクが払拭されれば、素直にドル円も

ドル高にすすむとの主張のようです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報