FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

アメリカのTIPSとBEIの水準から推測する今後のドルの展開~ユーロドルはショート維持

為替の見通しを考える場合に、それぞれの通貨の金利

の動向は見逃せません。

そこでその見通しをみる上で一つの尺度となる

インフレリスクをヘッジする物価連動国債(TIPS)は、

市場でのインフレ期待が高まっため、年初来で7.1%の収益

をあげています。

アメリカはインフレ期待が高まっている?

TIPSは、現在のところ固定利付債指数の収益率4.3%をアウトパフォーム

しています。

20日に行われた30年物TIPS(発行額50億ドル)入札では、インフレヘッジ

目的の需要が集まっています。海外投資家からの需要を反映する間接入札が

増加し、応札倍率を押し上げています。

TIPSの価格はインフレ期待で上下します。年頭には投資家がデフレを警戒し

始めていたためインフレ期待が急低下していました。インフレ期待は原油や

資源の価格動向にも左右されます。

同時に、ここ数年はインフレ上昇率が鈍化しており、TIPSのパフォーマンス

は何度も投資家の期待を裏切ってきました。FRBが指標としているインフレ指数は、

FRBの目標に過去4年以上届いていない状況です。

しかしながら、インフレ期待が回復する兆しがある。いわゆるブレークイーブン・インフレ率

BEIは、市場が推測する期待インフレ率を示す指標で、名目債とTIPSの流通利回りの差で

示されます。トレードウェブによると、BEIは今後10年間のインフレ期待が

年1.69%上昇することを示しており、6月末の1.38%を上回っています。

先日発表された9月の消費者物価指数が前月比で0.3%上昇し、前年同月比では

9月のCPIの総合指数は1.5%上昇となり、TIPS価格上昇の支援材料となりました。

平均時給でみる賃金は、ここ数カ月間着実に伸びています。

 

先日のドラギ総裁の発言でユーロドルの方向性明確に

そこで大事になってくるのが、ユーロとドルの金利の方向性です。

米国経済についてはいろいろ意見が分かれるところもありますが

こうして着実にインフレ期待を示すマーケットが結果を示してくると

やはり米国の利上げと金利上昇の期待も高まってきます。

一方でドラギ総裁は昨日明確にユーロの量的緩和縮小観測を否定

しました。それどころか12月に追加緩和すら示唆しています。

これらのファンダメンタルズと以下に示すチャートが示すテクニカルを

しめすとユーロドルは1.05を目指すと予想しています。

チャート↓

eurchart

 

これは中長期のユーロドルのチャートですが、切りあがったサポート

が崩れてきているのがよくわかります。次のターゲット安値1.05

を目指していると思っております。

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報