FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

アメリカのイールドカーブ逆転が2008年以来発生でドル円の予想は?

株式市場が閉まった直後、米国債券市場は、クローズする直前に

2年債利回りは、売り持ちにしていた投機筋による猛烈な買い戻し

によって利回りは急落しました。この急激な利回り低下の他に注目

すべきことが起きています。

米国2年債利回りと1年債利回りが逆転

2年債利回りが、はじめて2.58%を下回り、そしてさらに2.56%に

下落しました。すると1年債利回りを逆転してしまい、1年と2年債利回り

スプレッドは-0.02%に逆転してしまいました。

これは、2008年以来の出来事であり、前回1年債利回りと2年債利回りが

逆転した時は、2008年金融危機の真っ只中でした。

すべてのイールドカーブにわたって、このような債券を売り持ち

にしている投機筋がさらに控えていることが予想されることから

こうした逆転現象がさらに他の期間でも起きる可能性が高いと

思われます。

ドル円相場への影響は

米金利で1年と2年のイールドが逆転するということは、

すでに利上げサイクルが終了したことを示唆するだけでなく

来年以降は利下げですら視野にはいっているということです。

投機筋は、米ドルの利上げを前提としたポジションを積み上げて

きました。したがってイールドカーブが逆転している現在の

状況はほとんどの人にとって予想外のことが起きているのです。

ドル円のポジションも同様で、ほとんどの投機筋がドル買い円売り

のポジションを維持しています。

今起きているイールドカーブの逆転、とくに1年2年の期間で

逆転することはほとんどの参加者が予想していませんでした。

↑のグラフで示しているように、1年2年の利回りが逆転した

のは2008年の金融危機以来のことです。

それを考えると、ドル円の買い持ちの巻き返しも、まだこれから

起きる可能性が高いと思います。

ドル円のチャートから分析すると

↑はドル円の日足足のチャートですが、

ここ最近の動きは崖が崩れたあときれいな

ダウンチャンネルのトレンドをつくっています。

エリオット波動でいえば、きれいな5波運動を

形成しようとしており、昨日の戻りは、4波の調整で

第5波の下落がくるチャートを示唆している

ように見えます。

今回イールドカーブの逆転が起きているなか、ドル円は

一時110円を割れ、そこから調整的なドル買いが起きました

が、このダウンチャンネルからすると、もう一度110円割れ

を試す展開がくると予想されます。

まとめ

1年と2年のイールドカーブが逆転したことは、かなり大きな

出来事で、前回は2008年の金融危機時に遡ります。

それだけ、今年のクリスマスには市場の異変が起きていると

言ってもいいとおもいます。

その意味で、ドル円もポジションの巻き返しが、まだこれから

起きる可能性が高く、その場面では、110円割れを試す展開

となることを2019年にかけて予想します。

 

 

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報