FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

アフターコロナのFEDバランシート拡大と今後のS&P500の見通しは!?

3月以降、FEDのバランスシートの拡大が始まると

同時にS&P500の急回復も続いています。

ただここ最近S&P500の上昇にも息切れと

見れるような動きをし始めています。

そこで気になるのは、そろそろS&P500を

ショートする時期にきたのだろうか?という

見方も出始めています。

そこで今回は、FEDのバランスシートとS&P500

の関係について調べてみました。

FEDがさらにバランスシート拡大できる余力は

↑の表が示すように、FEDはこの危機の時に設定

したファシリティーのうち、使用しているのは

まだ半分にも満ちていないことがわかります。

FEDは約4950億ドルのファシリティーを

用意していますが、実際に使用しているのは

1730億ドルしか使っていません。ということは

現状、FEDのアナウンス効果が予想以上に株価

に効果的となっているということです。

各国政府によるアフターコロナ救済は

政府が救済ファシリティーを用意するカテゴリー

として、3つに分かれます。

そのひとつは、信用保証をつけること、

実際にローンと株式購入をすること、そして

支出を増やすことです。

アメリカは明らかに政府支出を増やすことに

重点を置いていますが、一方でヨーロッパでは

債務保証をつけることに重点をおいています。

韓国では、ローンや株式購入により資金の

注入を行っています。

今後のFEDバランスシートとS&P500の関連性は

FEDのスタンスは、今後もバランスシートの拡大を

躊躇なく行っていくことだと思われます。

失業率の高さなど、経済ファンダメンタルズの低迷

からの脱却のために、躊躇なくクレジット市場への

介入をはじめとする資金注入を継続することが

予想されます。その意味では、他の新興国

、たとえば現在中国の市市場でも起きている

ように、株式市場は高値を更新しています。

これは、まちがいなく、中央銀行による

バランシート拡大による救済措置を期待して

いることが継続している結果だと思われます。

今後のリスクファクターは

しかし、構造的なリスクは下向きです。

2020年秋のリスクは、1、二番底のリセッションと

デフォルトリスクへの恐怖、2、米ドルの低迷と

債券市場の混乱、3、そしてなんといっても

この秋に向けての大統領選の不透明さと

それによる2021 EPSを脅かす政治が

行われることです。

まとめ ~ 今後の見通しは

FEDのバランスシート拡大余力を考えると

S&P500はまだ上昇余力があると言える

かもしれません。しかしながら、根底にある

ファンダメンタルズを考えると、やはりここからは

慎重になるべきというのが個人的な考えです。

なんといっても、これからは、大統領選が

市場の焦点になってくると思われます。

いまのところ、バイデン勝利のシナリオが

まだ株式市場で消化できていないような

気がします。バイデン候補が政権をとった場合

の株式市場は、トランプ政権下とは別の世界と

なる可能性があります。

今後も米国株式市場に目が離せない状況が

続くと思われます。

 

プロフィール


Yoshi

こんにちは、Yoshiと申します。
約20年に及ぶ外資系銀行でのトレード経験を活かして金融情報を独自の視点で発信しています。FX市場に携わって約20年経ちますが、現在は他の金融市場(株式、コモディティ、暗号通貨)の関連性を含めて独自目線で情報提供しています。
主な資格:
米国公認会計士合格(ワシントン州)
お仕事依頼などの連絡先:
問い合わせフォームをご利用ください。

FX口座・ツールランキング
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
GMOコイン
LIGHTFX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
FXレート

マーケット最新情報
FX NEWS
チャート