FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

これはトランプ政策の失敗!アメリカはこの7年ではじめて賃金カット

中間所得層に対する賃金の停滞、学費の上昇、そして医療費上昇など

が続いているなかで、アメリカの雇用主は、この7年間ではじめて、

雇用者のボーナスをカットしたとブルムバーグは伝えています。

雇用者は全く豊かになっていない

1000社以上の雇用主の調査をしている Aon Hewittのデータによると

今年のボーナスは総報酬の12.7%が削減されたようです、

このデータを調査したAvon氏曰く、この動きは、劇的ではない

にしても、健全な経済状況を考えると困惑する結果、だと

指摘しています。もっと心配することは、このボーナスカットが

幅広い節減へと広がることを懸念しています。

雇用主は賃金をあげる気はない

ドルの上昇が止まっているにもかかわらず、雇用主は、税制改正から

ヘルスケアに至るトランプの政策が不透明なために、中長期の

計画が立てられない、と雇用主はトランプ政策を避難しています。

リセッションに入るのではないかという恐怖で、貴重な従業員を失う

リスクがあるなかでも、雇用主は報酬額を削減に傾いています。

ボーナスはおそらく今年減り続けると予想されています。

雇用主は、今年襲ったハリケーン、ハービーやイルマは、インフレを

引き上げ、収益を圧迫する要因だと捉え、より守衛的姿勢を

とっているようです。

ごく一部の富裕層だけが恩恵を受けている米国

fedの統計によると、家計の財産は、962兆ドルと高値を更新していますが

アメリカの賃金は何年も停滞したままです。

不幸にも、この増加の恩恵は、アメリカの資産の大部分を

所有している一部の富裕層に集積されています。

この統計によると、実際に家計の純資産の増加は、一握りの

アメリカのお金持ちに恩恵をもたらせ、トップ10%の富豪が

すべての家計の76%を占めているという異常に歪んだ状態

となっているようです。

まとめ~今後のドルの動向は

アメリカ経済の表面的な部分と本質的部分がここに

あるようです。賃金が上がらない要因もここにあり、

株価上昇にもかかわらず、警告ならす要因はここに

ありそうです。

このまま賃金が停滞するのであれば、アメリカの

利上げシナリオも後退し、ドルも失速していく展開

を想定したほうがよさそうです。

 

 

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報