FXのやり方と為替予想見通しをわかりやすく分析しています!

いよいよ市場はトランプ次期政権下のスタグフレーションを見通し始めいる?

スタグフレーションとは、スタグネーションと

インフレーションを合成させた言葉で、

景気後退局面にありながらもモノ不足に

よりインフレの状態となることを意味します。

その兆候としてここ最近では実質利回りが

急落しはじめています。

これは、トランプ次期米政権の経済政策に対する

市場の期待が後退しつつあることをうかがわせる

最新の兆候です。

「トランプ次期政...」の画像検索結果

実質利回りの低下が意味するものとは

実質利回りとは債券利回りからインフレ率を差し引いた

ものです。

10年物米国債の実質利回りは2016年12月半ばに

米大統領選後で最も高い0.74%をつけましたが、

足元で0.38%に低下しています。実質利回りは

景気改善に伴い上昇する傾向があることを考えると、

トランプ氏が11月8日の選挙で勝利して以降の

実質利回りの急伸は、経済活動の世界的な

拡大を示唆していたといえますが、ここのところの

実質利回りとドル相場の下落について、トランプ氏の

政策に経済成長押し上げ効果は期待できず、

せいぜいインフレに影響を与えるだけだと

人々が考えているしるし」との見方が増えて

きています。

 

一方で将来インフレ率は強まっている

債券市場が予想する将来のインフレ率は実際、

この数週間で上昇しています。10年物ブレークイーブン・レート

(名目国債と物価連動国債の差)

は直近で2%と、12月16日の1.873%を上回っています。

トランプ政権が中国からの輸入品に高関税を課す

可能性について懸念する向きもあります。

これが導入されれば中国が報復措置を講じる恐れがあり、

そうなれば米国では経済成長の勢いがそがれる一方、

輸入品の値上がりでインフレ圧力が高まりかねないとの

見方が強まっています。

要するに経済成長が小幅にとどまる一方でインフレが加速する

可能性が高いとみているのです。

インフレが進めば、米消費者の実質所得は減り、

FRBは利上げせざるを得なくなります。そうなれば

株高基調は崩れ、長らく心配されてきた経済の

景気後退入りがいよいよ現実味を帯びる恐れがある

というシナリオをそった動きが最近の市場の動き

です。

政治的に介入されるドル円に注意

そういったシナリオも警戒してか、ここ最近のドル円の

上昇も陰りがみえています。

要するに政治介入によるドル円の動きを警戒しはじめて

いるのです。

皮肉にもトランプが正式に就任すると同時に、以前心配

されていた円高政策にも注意を払う必要がありそうです。

FX口座・ツールランキング
GMOクリック証券
GMOクリック証券
FX取引高4年連続世界第一位!キャッシュバック最大25000円!
株式会社DMM.com証券
最少額証拠金で取引可能だから初心者でも安心!
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン
他業者の10分の1の取引単位で初心者の方が安心して始めやすく、同時に今キャッシュバックキャンペーン中は嬉しいです!
「トライオートFX」インヴァスト証券株式会社
トライオート
FXTFMT4
らくらくFX
FXTFはMT4を取り扱っている数少ない国内業者です。 自動取引手数料が0円という最も注目のMT4業者です!
「シストレ24」のインヴァスト証券
インヴァスト証券
マーケット最新情報